logo

asicro info
更新日:2019.8.6


present & information

チャン・イーモウ最新作『SHADOW/影武者』一般試写会プレゼント(8/6)

『SHADOW/影武者』

(c)2018 Perfect Village Entertainment HK Limited Le Vision Pictures(Beijing) Co., LTD Shanghai Tencent Pictures Culture Media Company Limited
試写会情報:

日時:8月22日(木)
   開場/18:00 開演/18:30
場所:有楽町よみうりホール
   東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7F

人数:20組40名様(応募多数の場合は抽選)
応募方法:
「『SHADOW/影武者』試写会」のタイトルで、
お名前・郵便番号・住所・電話番号を明記の上、
編集室宛にメールをお送りください。
応募の締切:8月15日(木)24:00着まで

たくさんのご応募、お待ちしております!


映画『家族のレシピ』ふるまいスープ3Daysイベント(3/22-24)

3/9より全国公開中の斎藤工主演映画『家族のレシピ』は、日本のラーメンとシンガポールバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「美味しい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。本作の鑑賞後のTwitterの書き込み等では、「映画に出てくる料理がとにかく美味しそう!」「映画を見て感動に浸りつつも、空腹に耐えられない!」と、劇場近くのラーメン店やアジア料理店に駆けこむ方が続出!また、映画から生まれたオリジナル料理「ラーメン・テー」が実際に食べられる「ラーメン けいすけ」店では、映画鑑賞後のお客が訪れて、SNSで「ラーメン・テー」をアップしている様子が多く見受けられます。

映画の鍵となるラーメンとシンガポールの「バクテー」を融合させた未知の味「ラーメン・テー」を味わいたい!という皆さまの反響に応えるべく、映画に出てくる「ラーメン・テー」のスープを、メイン館である【シネマート新宿】にて、3月22日(金)、23日(土)、24日(日)の3日間連続で、ご来場のお客さま全員にご提供いたします!

本作の撮影時インタビューで、松田聖子が「このバクテーにラーメンを合わせることを考えるって素晴らしい。ばっちり合うと思いますね。本当に美味しかったです。」と絶賛した、ラーメン・テーの味です。ふるまい酒ならぬ「ふるまいスープ」を、心と舌でぜひ映画を味わってください。

映画『家族のレシピ』ふるまいスープ 3Daysイベント

rahmen-teh

(c)Wild Orange Artists/Zhao Wei Films/Comme des Cinemas/Version Originale
日程:

3/22(金)12:25/14:25/19:00
*いずれも上映後にご提供します
【14:25】上映回に、上柳昌彦アナウンサーが参加します!
 ニッポン放送「上柳昌彦 あさぼらけ」
【19:00】の回上映後は本作の橘豊プロデューサーによる「蔵出しトーク」。斎藤工&松田聖子等キャストの撮影秘話や蔵出し映像を初公開します!

3/23(土)16:40/20:50
※【16:40】の回上映後に橘豊プロデューサー「蔵出しトーク」(毎回違う撮影秘話を披露します!)

3/24(日)16:40/20:50
※【20:50】の回(上映前or上映後)に橘豊プロデューサー「蔵出しトーク」(毎回違う撮影秘話を披露します!)

場所:シネマート新宿(新宿区新宿3-13-3 新宿文化ビル)

尚、本イベントで提供する「ラーメン・テー」スープは、本作のエリック・クー監督とともに「ラーメン・テー」開発に参加した橘豊プロデューサーが、日本のロケ地・高崎の企業とコラボして、映画の味を再現したもので、実際に高崎オーパ7F CAFE「高崎じまん」ではこのスープで「ラーメン・テー」を4/5まで提供しています。


スープだけでは物足りないアナタに朗報!
竹田敬介氏監修の「ラーメン・テー」も食べられます!
(3/1-31)

映画公開記念キャンペーンとして、映画から生まれたオリジナル料理で、劇中では斎藤工演じる主人公が家族の絆をつなぐために心をこめて作る「ラーメン・テー」を、期間限定で3/31まで販売中!

映画『家族のレシピ』の現題となっている「RAMEN TEH(ラーメン・テー)」は、日本のラーメン(Ramen)と、シンガポールのソウルフード「バクテー Bak kut teh (骨肉茶)」(骨付き豚肉を薬膳などと煮込んだスープ)を掛け合わせた造語。主人公が、日本とシンガポールでバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走するなか、シンガポール在住の日本人フードブロガー美樹(松田聖子)の助けを借り、シンガポールの叔父からバクテー作りを学び、主人公は、両国のソウルフードを融合させた料理を作るアイデアを思いつきます。

本作のラーメン監修を担当したラーメン界の革命児にしてシンガポールで人気の「ラーメン けいすけ」店主 竹田敬介氏は本編にも登場して主人公を手助けしますが、この度の日本公開を記念して、同氏が経営する都内6店舗にて1日20食・期間限定(3/1〜31まで)で「ラーメン・テー」を実際に食べられるキャンペーンを実施しています。

映画「家族のレシピ」コラボメニュー「ラーメン・テー」(1日20食限定)
都内6店舗はこちら:
・ふぐだし潮八代目けいすけ(中央区銀座5-2-1 東急プラザ地下2F)
・銀座鴨そば九代目けいすけ(中央区銀座6-12-15 いちご銀座612ビル1階A)
・肉そば総本山神保町けいすけ 神保町店(千代田区神田神保町1-54 原田ビル1F)
・魁 肉盛りつけ麺六代目けいすけ 湯島店(文京区湯島3-42-4 紀文堂ビル1F)
・肉そば錦糸町けいすけ(墨田区錦糸3-8-7)
・肉そば けいすけ(江東区住吉2-25-1 中川ビル1F)
詳しい店舗の場所は「ラーメン けいすけ」の公式HPにてご確認ください。


▼2017▼2015▼2014▼2013▼2012▼2011▼2010▼2009▼2008▼2007▼2006▼2005年▼2004