logo


ASICRO CINEMA

新作ラインナップ

新 感染半島 ファイナル・ステージ(半島/Peninsula)2020/韓国

新 感染半島 ファイナル・ステージ

公開日:1月1日
TOHOシネマズ日比谷、他全国公開
4年後の朝鮮半島に潜入した青年が
生き残った家族と共に繰り広げる壮絶な脱出劇

謎のゾンビ化ウイルスが蔓延し封鎖された韓国。香港に流れ着いた青年は4年後に、黒社会の組織から儲け話を持ちかけられ、現金を積んだトラックを奪うため朝鮮半島に潜入するのだが…。『新 感染 ファイナル・エクスプレス』の4年後を描いた続編。監督は前作と同じヨン・サンホ。主演はカン・ドンウォン。イ・ジョンヒョンが生き残った家族の母親を逞しく演じ、娘役のイ・レも見事なカーチェイスを見せてくれる。敵はゾンビだけでなく、無法地帯を牛耳る軍人たちもいてタチが悪い。果たして、彼らはどうやって無事に逃げ延びるのか?劇場で確かめよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

燃えよデブゴン TOKYO MISSION
(肥龍過江/Enter The Fat Dragon)2020/香港

燃えよデブゴン TOKYO MISSION

公開日:1月1日
TOHOシネマズ日比谷、他全国公開
ドニー・イエン&谷垣健治&ウォン・ジン
120kgでも強いデブゴンが東京で大暴れ!

熱血漢の敏腕刑事が証拠品保管室に異動になり、半月で120キロに!現場復帰の初仕事で重要参考人を護送して東京へ飛び、別れた婚約者とも再会するが事件に巻き込まれる。宇宙一強い男ドニー・イエンが太めの刑事に変身。悪党相手に機敏な技を見せてくれる痛快アクション。ドニーとのマブダチでもあるアクション監督の谷垣健治が監督し、ウォン・ジン監督が製作と脚本を担当。出演までしてくれる大サービス。ブルース・リーにオマージュを捧げてあり、昔ながらの香港コメディ&アクションが東京を舞台に堪能できる。共演はニキ・チョウ、竹中直人。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

香港画(Hong Kong Ga)2020/日本

香港画

公開日:12月25日
アップリンク渋谷・吉祥寺、他全国順次
激化する香港民主化デモの渦中に飛び込み
若者たちの怒りと恐怖、心の声を凝縮した28分

2019年11月19日から2020年1月1日までの香港民主化デモの様子を、若者たちや元警察など当事者の声を交えながら24時間の出来事として再構成した短編ドキュメンタリー。2019年10月にたまたま仕事で香港にいた堀井威久麿監督がデモ隊に遭遇。多くの若者たちが参加していることに興味を持ち、撮影を決意。前田穂高プロデューサーと共に渦中に飛び込み、自身もペッパースプレーを浴びるなど危険な目に遭いながら、当時の様子や若者たちの心を伝えるために映画化した。香港の英雄ブルース・リーの言葉「be water(水になれ)」を合言葉に闘う姿を直視しよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

クローゼット(クローゼット/The Closet)2020/韓国

クローゼット

公開日:12月18日
シネマート新宿、他全国順次公開
クローゼットの闇に消えた娘を救い出すため
父親が謎の退魔師と挑む壮絶な闘い

交通事故で妻を失った男と心を閉ざす娘。転居先で怪現象に悩まされ、娘が行方不明になってしまう。娘の行方を知っているという謎の男と共に、娘の救出に向かうのだが。子どもの虐待やネグレクトを隠しテーマに描くサスペンスホラー。監督&脚本は本作が長編デビューとなったキム・グァンビン。主演にハ・ジョンウ、キム・ナムギルと演技派の人気俳優を揃え、パク・ソンウンが重要な役柄で絡んでくる。韓国では2月に公開されNo.1ヒットを記録した。見応えのある作品なので、ホラー好きな方はもとより、ホラーが苦手な方は片目をつぶりながら観賞しよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

ハッピー・オールド・イヤー(Happy Old Year)2019/タイ

ハッピー・オールド・イヤー

公開日:12月11日
新宿シネマカリテ、他全国順次公開
ミニマルな生活を実現するため自宅の大改装を計画
徹底的な断捨離が周りの人を傷つけてしまう

スウェーデンでミニマルなライフスタイルを学んだアーティストの女性。母や兄と暮らす小さなビルを改装するため、不要なものを断捨離していくが、相手の気持ちがまつわる物の整理でつまづいてしまう。断捨離と心の問題を極端な展開でコミカルに描いた人間ドラマ。監督は『マリー・イズ・ハッピー』のナワポン・タムロンラタナリット。主演は『バッド・ジーニアス』で注目されたチュティモン・ジョンジャルーンスックジン。元彼役でサニー・スワンメーターノンも出演している。今年の大阪アジアン映画祭グランプリ作品。年末の片付けの参考になるかも?
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

君の誕生日(誕生日/Birthday)2019/韓国

君の誕生日

公開日:11月27日
シネマート新宿・心斎橋、他全国順次公開
300人以上の高校生が犠牲になったセウォル号事件
残された家族たちの深い傷と永遠に続く愛と絆

2014年のセウォル号事件で息子を亡くした男。事情があって海外にいた彼が2年後に帰国するが、妻は悲しみのあまり心を閉ざし離婚を切り出す。妻や幼い娘、そして自分のために、男は年に1度の息子の誕生日を皆で祝うことにするのだが。遺族へのボランティア活動を続けてきたイ・ジョンオン監督が脚本を手がけ、長編デビューを飾った作品。主人公の夫婦をソル・ギョングとチョン・ドヨンがリアルに演じている。悲しみや思い出を分かち合うことで心が溶けていく様が感動的。大切な人を失う悲しみが世界に溢れている今、心の在り方を考えるヒントにもなりそう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

真犯人(真犯/The Culprit)2019/韓国

真犯人

公開日:11月27日
ヒューマントラストシネマ渋谷、他全国順次
妻を殺した犯人を追う男と夫の容疑をはらしたい女
秘密をにぎるもう一人の男…真相の果てにあるのは?

妻が殺され、親友が逮捕される。真犯人は別にいると確信した夫は、警察の資料をもとに独自の捜査を開始。一方、親友の妻は自分の夫を助けるため、彼に証言を懇願する。時間が前後しながら徐々に真実が立ち上ってくるミステリードラマ。謎が深まるにつれて先が読めなくなる展開で、プチョン国際ファンタスティック映画祭で観客賞を受賞した。監督は本作で長編デビューしたコ・ジョンウク。主人公の夫にソン・セビョク、親友の妻にユソンが扮し、チャン・ヒョクチン演じる謎の男が絡む。驚愕のラストに戦慄。「ワールド・エクストリーム・シネマ」にて公開。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

The Crossing 〜香港と大陸をまたぐ少女〜
(過春天/The Crossing)2019/中国

The Crossing 〜香港と大陸をまたぐ少女〜

公開日:11月20日
TOHOシネマズシャンテ、他全国順次公開
深圳と香港を往復する女子高生の心の軌跡
運び屋の世界で垣間見た光と陰とは?

深圳の母親の元から香港の高校に通う女子高生。旅行資金と小遣い稼ぎでスマホの密輸グループに加わり、危険な世界に足を踏み入れてしまう。自分に無関心な母親と香港で別の家庭を持つ父親の間で揺れ動く女子高生を、越境と密輸という特別な環境で描き、友情や恋を通じて成長していく様を追った青春ドラマ。中国の女性監督バイ・シュエの長編デビュー作で、ティエン・チュアンチュアン監督がプロデュースした。主演のホアン・ヤオは不安定な女子高生役を好演。数々の新人女優賞に輝いている。既存の中国映画とは異なり香港と中国の側面が見事に描かれる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

ボルケーノ・パーク(天火/Skyfilre)2019/中国

ボルケーノ・パーク

公開日:11月20日
ヒューマントラストシネマ渋谷、他全国公開
世界初の火山テーマパークを襲う大噴火
火山学者の父と娘が再び立ち向かう2度目の試練

突然の噴火で母を亡くし、火山学者の父に反発して育った娘。母の遺志を継ぐため、その火山にできたテーマパークの観測所で働くが、オープン前に再び大噴火の前兆が現れる。『トゥームレイダー』や『エクスペンダブルズ2』のサイモン・ウェスト監督が初めて中国映画に挑んだディザスターアクション。主演はワン・シュエチーと台湾のハンナ・クィンリヴァン。テーマパークのオーナー役でジェイソン・アイザックスも出演。無謀な設定だが父と娘が絆を取り戻すヒューマンドラマにもなっている。エンディングソングはハンナの夫、ジェイ・チョウが担当。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

The Cave サッカー少年救出までの18日間
(Nang Non/The Cave)2019/タイ・アイルランド

The Cave サッカー少年救出までの18日間

公開日:11月13日
新宿ピカデリー、他全国公開
本物の洞窟ダイバーたちが当時の困難を再現!
世界を揺るがした救出劇の舞台裏を完全映画化

雨季のタイでサッカーチームの少年たちとコーチが増水した洞窟で遭難。タイ政府の要請で米軍特殊部隊の指揮官の下、世界の洞窟ダイバーたちが結集する。2018年にタイで起こった洞窟遭難事故の救出劇を完全映画化。18日後に全員が無事に救出されるまでの想像を絶する困難が明らかになる。監督はタイ出身のイギリス人トム・ウォーラー。実際の救出に参加したアイルランドのケイブ・ダイバー、ジム・ウォーニーやNGOのタン・シャオロンらが出演。雨水の排水作業からリレー救出まで、当時の知られざる舞台裏を再現する。奇跡の陰にこんな苦労があったとは!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

詩人の恋(詩人の恋/The Poet and The Boy)2017/韓国

詩人の恋

公開日:11月13日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
売れない中年詩人と子どもが欲しい妻
ドーナツ屋の美青年が織りなす真摯な恋の行方

済州島で教師をしながら詩を書き続ける男。子どもが欲しい妻のため不妊治療に参加するが、まったく意欲が湧かない。ところが、近所にできたドーナツショップの若く美しい青年にときめきを覚え世界が変わる。冴えない中年詩人の真剣な恋とそれを受け止める青年、夫を支えてきた働き者の妻の三角関係を描くヒューマンドラマ。女性監督のキム・ヤンヒが脚本と監督を手がけた。主演は『息もできない』以来、日本映画でも活躍するヤン・イクチュン。妻をチョン・ヘジン、青年をチョン・ガラムが演じる。春の日のクマのようなヤン・イクチュンが恋する姿は新鮮。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

Malu 夢路(無馬之日/Malu)2020/マレーシア・日

Malu 夢路

公開日:11月13日
TOHOシネマズシャンテ、他全国順次公開
20年ぶりに再会したマレーシアの姉妹
失踪した妹の死の謎を追って姉は日本を彷徨う

離れて育った姉と妹が母親の死をきっかけに再会。一緒に暮らしはじめるが、妹は失踪し日本で遺体となって発見される。姉は妹の足跡を辿りながら死の真相に近づいていく。2017年の東京国際映画祭で『アケラットーロヒンギャの祈り』が最優秀監督賞に選ばれたエドモンド・ヨウ監督の長編3作目。マレーシアと日本を舞台に妹の死の謎を追う姉の姿が幻想的に描かれる。主演はセオリン・セオとプロデューサーも務めるメイジュン・タン。日本から永瀬正敏と水原希子が参加。音楽を細野晴臣が担当している。本作は今年の東京国映画祭でプレミア上映された。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

私たちの青春、台湾(我イ門的青春,在台湾/Our Youth in Taiwan)2017/台湾

私たちの青春、台湾

公開日:10月31日
ポレポレ東中野、他全国順次公開
ひまわり運動のリーダーと中国からの女子留学生
二人の社会運動に注目した女性監督、3人の記録

2011年、台湾学生運動の中心人物チェン・ウェイティンと、台湾の社会運動に参加している人気ブロガーの中国人留学生ツァイ・ボーイーに出会ったフー・ユー監督が、「社会運動が世界を変えるかもしれない」という期待の元に撮影をはじめたドキュメンタリー。二人の活動に寄り添い、中国大陸や香港での活動家たちとのロケも敢行。しかし、ひまわり運動後に彼らの活動は失速し、思いがけないスキャンダルを経て収束。監督自身の内面にも肉薄した展開となっていく。金馬奨での監督の受賞スピーチが中国の映画人に物議を醸したことでも話題となった注目作。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

スタートアップ!(始動/START-UP)2019/韓国

スタートアップ!

公開日:10月23日
シネマート新宿・心斎橋、他全国順次
TWICEを歌い踊る長髪マブリーの正体は
ジャジャン麺に新たな人生をかける極道料理人

高校を自主退学した強気だが力は弱い青年。気ままに生きるため家出して中華屋で住込バイトを始めるが、長髪の料理人に殴られてばかり。実は彼の正体は…。夢が持てず適当に生きている若者と人生をやり直している大人たちとの出会いと再起を爽やかに描くコメディドラマ。監督は『グローリーデイ』のチェ・ジョンヨル。主演はマ・ドンソクとパク・ジョンミン。ロンゲにピンクのシャツを着た強面だけどTWICE大好きな料理人を、マブリーならではの魅力で演じ笑わせてくれる。出演者全員がそれぞれの人生を生き直す展開が心地よい。逆境を跳ね返す勇気がもらえそう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

薬の神じゃない!(我不是薬神/Dying to Survive)2018/中国

薬の神じゃない!

公開日:10月16日
新宿武蔵野館、他全国順次ロードショー
インドから廉価なジェネリック薬品を密輸入
多くの白血病患者たちを救った男の実話を映画化!

上海でインド製の男性用強壮剤を売っている男。白血病患者に頼まれ高価な白血病薬のジェネリック薬品を密輸入することに。患者たちの協力で商売は大繁盛するのだが…。中国で実際に起こった陸勇事件を元に映画化。人物像を膨らませ、個性的な人々を配置して、笑って泣けるヒューマンドラマに仕上がっている。監督は本作で長編デビューしたウェン・ムーイエ。芸達者なシュー・ジェンが主人公を演じ、チョウ・イーウェイやタン・ジュオ、『象は静かに座っている』のチャン・ユーらが共演。中国で驚異的な大ヒットを記録。多数の映画賞に輝いた必見作だ。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

わたしは金正男を殺してない(Assassins)2020/アメリカ

わたしは金正男を殺してない

公開日:10月10日
シアター・イメージフォーラム 他全国順次
世界を震撼させた若い女性二人による暗殺事件
実行犯にされた二人の真実と死刑からの救出劇

2017年にクアラルンプール国際空港で起こったVXによる毒殺事件。被害者は北朝鮮の金正恩の兄・金正男だった。ドッキリ撮影と騙されて実行犯にされた若い二人の女性の生い立ちから、事件の背景、裁判、国同士の司法取引、釈放、その後までを追った貴重なドキュメンタリー。弱みに付け込んだ北朝鮮工作員たちの巧妙な手口が明らかになる。監督は気鋭のドキュメンタリー作家、ライアン・ホワイト。事件を追う現地のジャーナリストや弁護士たち、家族など、粘り強い取材を重ねて真実を暴き出した。刑務所で知り合った二人は今、互いを励ます親友になっている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

89年生まれ、キム・ジヨン(Kim Ji-Young born 1982)2019/韓国

89年生まれ、キム・ジヨン

公開日:10月9日
新宿ピカデリー 他全国ロードショー
心が壊れてしまった妻と優しく寄り添う夫の物語
原作は同世代の共感を呼んで日本でも大ヒット!

結婚を機に仕事を辞め、良き妻、良き母、良き嫁として生きてきたジヨン。心の底に眠っていた窮屈な自分が時おり、別人格として現れ、心の内を代弁するようになっていく。妻の豹変に驚きながら解決策を模索する夫と家族の物語。韓国で2016年に刊行され130万部を超える大ベストセラーとなった同名原作の映画化。日本でも18年末に翻訳本が出て話題となり、昨年上半期の1位を記録した。監督は本作で長編デビューしたキム・ドヨン。主人公をチョン・ユミ、夫をコン・ユが自然体で演じ、リアルな夫婦像を作りあげている。日常に違和感を感じる女性におすすめ。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

フェアウェル(The Farewell)2019/米

フェアウェル

公開日:10月2日
TOHOシネマズ日比谷 他全国ロードショー
中国に住む大好きな祖母が余命3ヶ月に!
ニューヨークで暮らす孫は嘘がつけず悩むのだが

ニューヨークで暮らす若い女性。中国に住む祖母が余命3ヶ月とわかり、親戚一同で集まるため結婚式が計画されるが、本当のことを言わないよう釘を刺される。個人を重んじる西洋的な価値観と、家族を重んじる東洋的な価値観の間で揺れ動くチャイニーズアメリカンの女性の物語。ルル・ワン監督が自身の体験をもとに映画化。主演のオークワフィナ(『クレイジー・リッチ!』)に本作でゴールデングローブ賞主演女優賞をもたらした。祖母役はベテランのチャオ・シュウチュン。中国での右往左往の中で、主人公は新たな考え方を見つけていく。結末はびっくり爽やか!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

鵞鳥湖の夜(南方車站的聚会/The Wild Goose Lake)2019/中・仏

鵞鳥湖の夜

公開日:9月25日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
逃げる男と謎の女の報奨金をめぐる駆け引き
魅惑的な映像で描かれる2日間の逃亡劇の果て

出所後に誤って警官を射殺してしまった男に報奨金が懸けられる。男は妻に通報させて報奨金を妻子に渡そうとするが、妻の代わりに現れたのは謎の娼婦だった。迷路のような鵞鳥湖周辺で展開する予測不能な逃走劇が、鮮やかな色彩と闇に漂う光と影で繊細に描かれるサスペンス。監督は『薄氷の殺人』で注目された脚本家出身のディアオ・イーナン。奇跡の復活を遂げた人気俳優フー・ゴーが主人公を、彼に関わる女をグイ・ルンメイとレジーナ・ワン、追う警察をリャオ・ファンが演じている。映像も音楽も素晴らしく必見の革新的ノワール作品。眼差にやられそう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

バナナパラダイス デジタルリマスター版
(香蕉天堂/Banana Paradise)1989/台湾

バナナパラダイス

公開日:9月19日
新宿K's cinema、他全国順次公開
台湾映画のレジェンド、ワン・トン監督による
1989年の傑作をデジタルリマスターで初公開!

1949年、国共内戦中の国民党軍に潜り込んだ男が中国から台湾へ渡り、幼馴染の兵士と共に脱走。スパイ容疑をかけられたり、他人になりすましたり。運命に翻弄されながら生き抜いていく。外省人(国民党と共に台湾へ渡ってきた中国人)出身のワン・トン監督が、主人公に外省人第一世代の姿を託して描いた台湾近代史三部作の2作目。主演は若き日のニウ・チェンザーとチャン・シー。弱い立場に置かれた非力な人間が必死に生きようとうする姿が、時にシリアス、時にユーモラスに描かれる。「台湾巨匠傑作選2020」にてデジタルリマスター版で日本初公開。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(私を探して/Bring Me Home)2019/韓国

ブリング・ミー・ホーム  尋ね人

公開日:9月18日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
14年ぶりにスクリーン復帰したイ・ヨンエが熱演
姿を消した息子を探し続ける母親の執念と怒り

6年前に失踪した7歳の息子を探し続ける夫婦。だが夫は突然の事故死。さらに具体的な目撃情報が入り、看護師の妻は意を決してその場所へ乗り込んでいく。子どもの失踪という社会問題を背景にしたサスペンスドラマ。『親切なクムジャさん』(05年)から14年ぶりに映画復帰したイ・ヨンエが自ら脚本を選び、執筆したキム・スンウ監督の長編デビュー作となった。共演はパク・ヘジュン。悪徳刑事役のユ・ジェミョンが強烈な印象を残す。クライマックスは無防備な母親から、クムジャさんを彷彿とさせる逞しい女に変身!果たして、息子は見つかるのだろうか?!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ホテルニュームーン
(Mehmankhane Mahe No/Hotel New Moon)2019/日・イラン

ホテルニュームーン

公開日:9月18日
アップリンク吉祥寺、他全国順次
テヘランと日本とをつなぐ解けない謎
大学生の娘は母親の過去の秘密と向き合えるか

二人で暮らす仲の良い母娘。過保護で厳格な教師の母が、ある日、ホテルで日本人男性と会っているのを目撃。娘は自分の出生について疑念を抱き始める。テヘランと日本を舞台に現在と過去を交錯させて描く、母と娘のサスペンスドラマ。イラン映画に魅せられた筒井武文監督が、日本とイランのスタッフとの共同作業で完成させた作品。主演の母娘を演じるのは、イランの国民的女優マーナズ・アフシャルと、オーディションで選ばれたラレ・マルズバン。日本からは永瀬正敏と小林綾子が参加。母娘の過去を知る重要な役柄を演じている。イラン映画として楽しもう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

死霊魂 Dead Souls(死霊魂/Dead Souls)2018/仏・スイス

死霊魂 Dead Souls

公開日:8月1日
シアターイメージフォーラム、他全国順次
生存者たちの証言が死者たちの魂を呼び覚ます
12年の歳月をかけて描くワン・ビン渾身の集大成

1950年代後半から1960年代前半までに中国で起こった反右派闘争。中でもゴビ砂漠にある夾辺溝の明水収容所は最も悲惨で、飢餓で大半が死に生存率10%と言われている。一体、何が起こっていたのか?2005年から生存者たちにインタビューを重ね、聞き出した内容は驚くべきものだった。劇映画となった『無言歌』(10年) を経て、2016年と2017年に追加撮影がされ、120の証言と約600時間の映像から生み出された506分の映像は熱を帯び、観客に迫ってくる。生存者たちも老い、消えていく。だからこそ今、目撃する価値のあるドキュメンタリーとなっている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ
(二度しましょうか/Love, Again)2019/韓国

ラブ・アゲイン  2度目のプロポーズ

公開日:6月19日
シネマート新宿、他全国順次公開
結婚3年目にして破局!離婚式を行った二人
元妻の新しい恋人はかつての悪友だった

結婚3年目で盛大な離婚式を挙げた二人。半年後、事故で妻と再会するが、再びそれぞれの道へ。泥酔して溺れた元妻を助けた獣医は、恋愛音痴の旧友だった。クォン・サンウ主演の王道ラブコメディ。結婚と離婚を通した幸せをコミカルに考察した監督はパク・ヨンジプ。愛妻家として有名なクォン・サンウの実体験も生かされているそう。妻役は初のラブコメに挑戦したイ・ジョンヒョン。『探偵なふたり』のソン・ドンイルが上司役。『マルチュク青春通り』のイ・ジョンヒョクが旧友でライバル役と粋なキャスティングになっている。愛の行方を楽しもう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

タゴール・ソングス(Tagore Songs)2019/日本

タゴール・ソングス

公開日:6月1日( 配信でも上映中)
ポレポレ東中野、他全国順次公開
偉大なる詩人タゴールの歌に焦点をあて
ベンガル人の誇りと魂に迫るドキュメンタリー

インドを代表する詩人タゴールが作った歌は、彼の出身地であるベンガルの人々に深く愛され続けている。タゴール・ソングの魅力と彼の歌に深く影響されているベンガルの人々の関係を、コルカタ(旧カルカッタ)とバングラデシュのダッカに取材。様々な人々に焦点をあて、それぞれの人生に寄り添ったドキュメンタリー。監督は東京外国語大学でベンガル文学を学んだ佐々木美佳。卒論のテーマとしてタゴール・ソングを選んだのがきっかけとなり映像制作に踏み切ったデビュー作。取材した人々の人生や背景も浮かび上がり、多面的で興味深い作品となっている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

サーホー(SAAHO)2019/インド

サーホー

公開日:3月27日
新宿ピカデリー、他全国ロードショー
超絶SFXと豪華絢爛なミュージカル満載
プラバースの魅力が炸裂するクライムアクション

ムンバイで謎の盗難事件が発生。凄腕の覆面捜査官が呼び出され特命チームを結成するが、事件の裏には犯罪組織による根深い後継者争いが絡んでいた。『バーフバリ』シリーズで一躍人気俳優となったプラバースの最新作。古代から現代に舞台を移し、驚きのアクションシーンが連続する。監督・脚本は本作が2作目となる若き新鋭スジート。共演はシュラッダー・カプール。ニール・ニティン・ムケーシュもキー・マンとして登場する。セクシーなロマンスシーンも満載でプラバースのファンは必見。人間関係やストーリー展開がかなり複雑なので、2度観るのがお勧め。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト


cinema information

●『パラサイト 半地下の家族』IMAX&モノクロ ver. 上映決定!(5/23)
第92回アカデミー賞で外国語映画として初めての作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いたポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』が、IMAXとモノクロVer.で劇場公開されることが決定。IMAX上映は、IMAX仕様にあわせるためデジタルリマスターされたバージョン。臨場感がより際立ち、映画の吸引力を濃厚に感じられる映像体験が劇場で楽しめる。モノクロ版はポン・ジュノ監督がモノクロ映画時代の巨匠たちにオマージュを捧げ、また自分もクラシックの仲間入りをしてみたいという夢を実現してみたもの。次のようなメッセージを寄せている。

「同じ映画がモノクロになることで、鑑賞体験がどれだけ変わるものか、面白く感じていただけると思います。私は今まで二度このバージョンを観ていますが、初めは寓話のように感じられ、まるで昔の物語を見ているかのような不思議な感覚になりました。二度目は、映画がより現実的で鋭く感じられ、まるで刃物で切りつけられるかのようでした。俳優たちの演技がさらに際立ち、より登場人物を中心に映画が展開しているようにも思えました。観客のみなさんが、カラー版の鑑賞体験と比較しご自身の『パラサイト』モノクロ版の鑑賞方法を見つけてくれたら嬉しいです」(ポン・ジュノ)
*モノクロ版の予告編映像はこちら。(限定公開)

なお、公開日は劇場再開後に向けて調整中。(改めてご案内します。)
更新日:2020.1.8
back numbers
2004200520062007
2008200920102011
2012201320142015
2016201720182019
20202021
back to cinema top

comming soon movie

アジア関連映画(公開予定)
--------------------
*2021年1月公開
アースフォール 柔術(米)
羊飼いと風船(中国)
KCIA 南山の部長たち(韓国)
--------------------
*2月公開
春江水暖(中国)
藁にもすがる獣たち(韓国)
夏時間(韓国)
--------------------
*3月公開
太陽は動かない(日本)
野球少女(韓国)
モンスターハンター(米)
--------------------
*4月公開
ブータン 山の教室(ブータン)
椿の庭(日本)
--------------------
*時期未定
シャドウプレイ(中国)
夢の裏側〜ドキュメンタリー・オブ・シャドウプレイ(中国)
サタデー・フィクション(中国)

韓国テレビドラマコレクション 韓国テレビドラマコレクション2020
放送中の最新作から名作までを網羅。

(2310円/ キネマ旬報社)

インド映画完全ガイド インド映画完全ガイド
注目のインド映画話題作から最新作・俳優たちを紹介!

(2160円/世界文化社)

華流テレビドラマコレクション2017-2018 華流テレビドラマコレクション2017-2018
華流ドラマの歴史から新作まで!

(1728円/ キネマ旬報社)

映画祭&特集上映
カン・ドンウォン特集(1/8-14)

アジア映画に詳しい雑誌

中華電影データブック完全保存版 中華電影データブック完全保存版
俳優スタッフから作品まで網羅!待望の本!

(3780円/キネマ旬報社)

中国時代劇で学ぶ中国の歴史 中国時代劇で学ぶ中国の歴史
この1冊で、今日からあなたも中国歴史ツウ!

(1728円/ キネマ旬報社)

cinema journal シネマジャーナル103号
年刊第3号「映画祭レポート大特集」
(800円/テス企画)

●映画祭公式サイト
・ゆうばり国際
 ファンタスティック映画祭

 (2020.8/28-9/1)
・大阪アジアン映画祭
 (2020.3/6-15)
・沖縄国際映画祭
 (2020.4/16-19)変更有
・香港国際映画祭
 (2020.3/24-4/6)延期
・ショートショート・フィルムフェスティバル&アジア2020
 (2020.)
・福岡アジア映画祭
 (2019.7/5-7)
・関西クィア映画祭
 (2021年開催予定)
・レインボー・リール東京
 〜東京国際レズビアン&
 ゲイ映画祭〜

 (2021年開催予定)
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
 (2020.9/26-10/4)
・アジアフォーカス
 福岡国際映画祭

 (2020.9/20-24)
・釜山国際映画祭
 (2020.10/7-16)
・山形国際ドキュメンタリー
 映画祭

 (2021.10月)
・ドキュメンタリードリーム
 ショー山形 in 東京2018

 (2018.10/6-26)
・京都国際映画祭
 (2020.10/15-18)
・2020上海・日本映画週間
 (2020.10/27-11/1)
・東京国際映画祭
 (2020.10/31-11/9)
・京都ヒストリカ国際映画祭
 (2020.10/31-11/8)
・東京フィルメックス2020
 (2020.10/30-11/5)
・中国インディペンデント映画祭
 (2015.12/12-27)

●アジア情報ウェブマガジン
・アジア映画巡礼
・シネマジャーナルWEB
・銀幕閑話
・アジアンパラダイス
・WEB POPASIA

●アジアの映画が観られる映画館
・シネマート新宿・心斎橋
・新宿武蔵野館
・キネカ大森
・ヒューマントラストシネマ渋谷
・ヒューマントラストシネマ有楽町
・渋谷ユーロスペース
・シアターイメージフォーラム
・恵比寿ガーデンシネマ
・新宿ピカデリー
・アップリンク渋谷
・ポレポレ東中野

●アジアの映画が豊富なお店
・TSUTAYA
 (新宿・中野店がおすすめ)

yesasia

新作・未公開作DVD&VCD!