logo


ASICRO CINEMA

新作ラインナップ

クイーン 旅立つわたしのハネムーン オリジナル完全版
(Queen)2014/インド

クイーン 旅立つわたしのハネムーン オリジナル完全版

公開日:1月6日
シネマート新宿・心斎橋、他全国順次
突然の婚約破棄を乗り越え、憧れのパリと
アムステルダムで見つけた愉快な仲間たちと私自身

結婚式の前日に婚約破棄された女性が傷心のまま、予定していた新婚旅行へ旅立つ。パリでは自由奔放なホテル客室係のシングルマザーと仲良くなり、彼女の紹介で泊ったアムステルダムのホステルでも3人の男性と同室に。保守的だった彼女の心が次第に解放されていく。14年から15年にかけてインドの主な映画賞で多数の受賞歴に輝くヒット作。監督はプロデューサーとしても活躍するビカース・バール。主人公をキュートな新星カンガナー・ラーナーウトが爽やかに演じ、異文化交流を通じて自分発見していく女性を体現。恋も人生も主体的に生きる勇気を与えてくれる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ワンライン/5人の詐欺師たち(ワンライン/One-Line)2017/韓国

ワンライン/5人の詐欺師たち

公開日:1月6日
シネマート新宿・心斎橋
金融詐欺グループで働くことになった大学生が
金儲けと人助けの間で正しい生き方を見つけ出す

金融詐欺グループのポスに見込まれた大学生が頭角を現し、ボスの後を継ぐことに。大手銀行と組んで悪事を企む仲間と別れ、ネットウィルスで大量の顧客を抱えるグループに成長するのだが。貧しい家庭環境から金儲けに走る若者が、人の命の重さや価値に気づき、生き方をあらためていく人間ドラマ。監督・脚本は本作で長編デビューしたヤン・ギョンモ。主演はイム・シワン(ZE:A)。プライドを持つ硬派の詐欺師をチン・グが好演。絵の上手い友人役でパク・ユファン(JYJユチョンの弟)も出演している。右往左往する刑事役のアン・セハも楽しい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

バーフバリ 王の凱旋(Baahubali 2:The Conclusion)2017/インド

バーフバリ 王の凱旋

公開日:12月29日
新宿ピカデリー、他全国公開
父バーフバリ暗殺の真相がついに明らかに!
空前絶後の映像体験で蘇る新たなバーフバリ伝説

インド映画のすべての興行成績を塗り替えた『バーフバリ』シリーズ完結編。父の修行時代、父と母の出会い、従兄弟に王位を譲ったこと、従兄弟の横恋慕で母が囚われ父が暗殺されたことを知ったバーフバリは、邪悪な王となった従兄弟の打倒に動き出す。脚本・監督は今や巨匠の仲間入りをしたS.S.ラージャマウリ。前作はファンタジー要素が強かったが、戦いの歴史と正面対決を描く本作はさらにスケールアップしたアクションと驚異の映像が見どころ。父と息子を演じ分けるプラバースと従兄弟役のラーナー・ダッグバーティのガチンコ対決まで目が離せない。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

カンフー・ヨガ(功夫瑜伽/Kung Fu Yoga)2017/中・香・インド

カンフー・ヨガ

公開日:12月22日
TOHOシネマズ スカラ座、他全国公開
インドに眠る古代使節団の秘宝を探すため
中国の考古学者グループと王族の子孫が激突!

古代インドで宝物と共に姿を消した中国使節団の行方を探すため、インドと中国の考古学者グループが調査を開始。氷河の中に使節団を発見するが、王族の子孫が宝を狙っていた。中国、インド、アイスランド、ドバイと世界を股にかけたジャッキー・チェン&スタンリー・トン監督のゴールデンコンビによるアクション大作。高級車とラクダのレースや、本物のライオンを乗せたカーチェイス、ハイエナとのアクションなど見所満載。共演はアーリフ・リー、ソーヌー・スード。EXOのレイも出演。ファラー・カーン演出によるクライマックスのダンスシーンは必見!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

52Hzのラヴソング(52Hz, I Love You)2017/台湾

52Hzのラヴソング

公開日:12月16日
ユーロスペース、他全国順次公開
誰にでも奇跡が訪れるバレンタイン・デイ
様々な愛の思いを歌で紡ぐハッピーミュージカル

バレンタイン・デイを背景に、花屋を営む若い女性とパン職人の青年、同棲10年目の岐路に立つカップルを中心に、彼らを取り巻く様々な人々の恋愛模様も盛り込んで描く愛の群像ドラマ。主要キャストを歌手が演じ、親しみやすいメロディの歌で綴るミュージカル仕立てとなっている。『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督が台湾の旧正月映画として作った第3作目。暗い世相の今、甘く幸せな映画を観てほしいと願いを込めた。主演はトーテムのスミンなど台湾で活躍するミュージシャンたち。ウェイ監督作の出演俳優も多数カメオ出演し、映画を盛り上げている。
▼監督取材 ▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ミスター・ロン(Mr. Long)2017/日・台・香・独

ミスター・ロン

公開日:12月16日
新宿武蔵野館、他全国ロードショー
手負いの殺し屋が日本の町で出会った
孤独な少年とおせっかいな人々との幸せな物語

日本での仕事を請け負った台湾の殺し屋が失敗し、大怪我をしたまま北関東の田舎町に逃げ込む。言葉が通じないものの、彼を慕う少年や親切な町の人々の世話で回復。料理の腕が評判となり牛肉麺の屋台まで出すのだが…。15年に高雄の映画祭でチャン・チェンがSABU監督に映画出演をアプローチ。チャン・チェンの格好良さを見せるために監督が書き上げたのが本作。ゆえに、チャン・チェンの魅力がたっぷり味わえる。特にナイフを使ったアクションシーンは圧巻。セリフが少ないのも功を奏し、ニコリともしないクールさがラストの感動へつながっている。
▼取材 ▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ありふれた悪事(普通の人/Ordinary Person)2016/韓国

ありふれた悪事

公開日:12月9日
シネマート新宿・心斎橋
独裁政権時代の闇を暴く異色サスペンス
家族のため犯人捏造に加担した刑事の苦悩と顛末

1987年の軍事独裁政権時代。家族のため懸命に働く正義感の強い刑事が、国家安全企画部のエリートに目を付けられ、連続殺人犯の捏造に加担させられていく。新聞記者の親友が彼を引き留め、真相を暴こうとするのだが…。普通の人が普通に生きられなかった時代の悪意を告発する社会派サスペンス。監督は本作が2作目のキム・ボンハン。実直な刑事をソン・ヒョンジュ、記者をキム・サンホ、冷徹なエリートをチャン・ヒョクが演じ、共演にラ・ミラン、チョン・マンシクなど演技派が顔を揃えている。モスクワ国際映画祭で2冠に輝いた骨太な意欲作は見応えあり。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

沈黙 立ち上がる慰安婦(沈黙)2017/日・韓

沈黙 立ち上がる慰安婦

公開日:12月2日
アップリンク渋谷
国や支援団体に不信感を募らせた当事者たち
「被害者の会」で来日した15人の20年の軌跡

元従軍慰安婦として日本政府と直接交渉するため立ち上がった18人による「被害者の会」の活動と顛末を、2014年に韓国の生存者を訪ねた現代の姿と織り交ぜながら描かれたドキュメンタリー。監督は彼女たちに寄り添い、日本での活動を支援してきた在日朝鮮人2世のパク・スナム。終戦後、生き残ったものの、長い間沈黙して生きなくてはならなかったハルモニたちの無念と怒りが刻まれている。故国へ帰れず日本で亡くなった方の遺骨が南北分断の影響で訴訟に発展するなど、複雑な背景も浮かび上がる渾身作。被害者の高齢化が進む中、貴重な記録となっている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

密偵(密偵/The Age of Shadows)2016/韓国

密偵

公開日:11月11日
シネマート新宿・心斎橋、他全国公開
1920年代、日本警察と義烈団の攻防戦の中で
密かに繰り広げられる信頼と裏切りの行方

日本統治時代の朝鮮半島。日本警察と独立運動団体「義烈団(ウィヨルダン)」が攻防戦を続ける中、日本警察として働く朝鮮人警部に義烈団の幹部が近づいてくる。二人は共に密命を帯びていた…。敵と味方のスパイが入り乱れる中、最後に残るのは誰なのか? 多彩な作品群で世界でも評価の高いキム・ジウン監督が、混乱した時代を選びスリリングな歴史サスペンスに仕上げた。矛盾を抱えた主人公を演じるのはソン・ガンホ。共演にコン・ユ、ハン・ジミン、日本から鶴見辰吾も参戦。イ・ビョンホンも特別出演と豪華な布陣。この時代の熱を感じよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

MASTER/マスター(マスター/Master)2016/韓国

MASTER/マスター

公開日:11月10日
TOHOシネマズ新宿、他全国公開
政財界と組み国家をも揺るがした大物詐欺師と
頭脳明晰な知能犯罪捜査官とのスリリングな大勝負

数万人の個人投資家から資金を騙し取る詐欺グループ。政財界とも癒着して罪を逃れるボスをターゲットに、知能犯罪捜査班の敏腕刑事が彼を捕らえるため、一味の天才ハッカーを仲間に引き入れようとする。実在した韓国史上最大の詐欺事件をベースに、騙し騙され、さらに罠を仕掛けるスリリングな頭脳戦を、大規模なフィリピンロケも敢行して描いた。監督・脚本は『監視者たち』のチョ・ウィソク。2大スターのイ・ビョンホンとカン・ドンウォンが敵対する役で初共演し、キム・ウビンが鍵を握るハッカーを演じている。エンドロールの最後まで200%楽しめる。
▼イベント ▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ソニータ(Sonita)2015/スイス・独・イラン

ソニータ

公開日:10月21日
アップリンク渋谷、他全国順次
メッセージ・ラップに込めた心の叫びを聴いて
ドキュメンタリーから羽ばたいた少女の夢の軌跡

アフガニスタンから戦火を逃れてイランの子ども施設で暮らすソニータ。歌が得意な彼女の夢はラッパーとして成功し、コンサートを開くこと。しかし、故郷の両親は16歳になるソニータに結婚を迫る。夢を叶えるために彼女がとった行動とは? ソニータの存在を知り、彼女の記録を映画にしたのは女性監督のロクサレ・ガエム・マガミ。因習的結婚、女性が歌うことを赦されないイランの法律をも超え、ドキュメンタリー監督である前に、一人の女性として彼女の才能に賭けた監督の勇気も賞賛に値する。その一部始終を記録した本作で、少女の夢と未来を応援しよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

あゝ、荒野 後篇(-----)2017/日本

あゝ、荒野 後篇

公開日:10月21日
新宿ピカデリー、他全国ロードショー
生き方を変えた二人が別々の道を歩み始める
二人がつながる命がけの闘いのために

プロボクサーとしてデビューした二人。ジム解散を前に二人は別の道を歩むことになり、それぞれに頭角を現していく。やがて彼らを取り巻く人々が見守る中、二人は命賭けの対決に身を投じる。怒りにまかせて力をつけてきた菅田将暉の活躍が目立った前篇に対し、後篇では受け身だったヤン・イクチュンが変貌。ああ、そうだったのかと思わせる勝負へとなだれ込んでいく。様々な問題を抱える人々が自身の夢も託して応援する、ラストのファイトシーンはまさに圧巻。ボクシングを通じて互いの境遇を乗り越え、切磋琢磨してきた二人に待ち受ける運命とは?
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

あなた、そこにいてくれますか(Will You Be There?)2016/韓国

あなた、そこにいてくれますか

公開日:10月14日
ヒューマントラストシネマ渋谷、他全国順次
最愛の恋人と娘の命を救うため
30年の時を跨いで出会った二人の僕の決断

カンボジアの村で長老からお礼にもらった薬を飲んだ医者が、30年前にタイムスリップ。研修医時代の自分に出会った彼は、薬の力を借りて最愛の恋人の死を阻もうとするが…。フランスの人気作家ギョーム・ミュッソのベストセラー「時空を超えて」を『結婚前夜〜マリッジ・ブルー〜』のホン・ジヨン監督が映画化。主人公の今と昔をキム・ユンソクとピョン・ヨハンが高シンクロ率で見事に演じている。若き恋人を演じるのはチェ・ソジン。キム・サンホとアン・セハが演じる親友も重要な役所。果たして、未来を変えずに過去を変えることは可能なのか?それとも…?
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

オペレーション・クロマイト(仁川上陸作戦/Operaton Chromite)2016/韓国

オペレーション・クロマイト

公開日:9月23日
シネマート新宿・心斎橋、他全国順次
マッカーサーの指令で北朝鮮に潜入し
命がけで仁川上陸作戦を成功させた8人の物語

朝鮮戦争の最中、劣勢だった韓国軍が仁川(インチョン)に勢力を広げた北朝鮮軍に潜入。マッカーサー率いる連合軍が不可能と言われた仁川上陸作戦を成功させるまでを描く戦争秘話ドラマ。監督は『戦火の中へ』のイ・ジェハン。実在した8人の潜入兵の物語をベースに、緊迫した駆け引きと攻防戦を描く。主演はイ・ジョンジェ。北朝鮮の将校役をイ・ボムスが怪演。マッカーサー役はリアム・ニーソンが破格のギャラで演じている。共演はパク・チョルミン。レジスタンス役でチン・セヨンとチョン・ジュノも登場。昨年亡くなったキム・ヨンエも特別出演している。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト


cinema information

●『あなた、その川を渡らないで』トークショー開催(8/3)
ジャズシンガーの綾戸智恵を招き、「永遠の愛はあるのか」をテーマにトークショーを開催。結婚・離婚を経験した綾戸智恵が、結婚とは、夫婦とはについて、自身の波乱万丈な人生を交えながら、現代では奇跡ともいえるこの幸せな純愛物語について熱く語る。
・日時:8月3日(水)16:45の回上映後(16:45-18:11 本編上映)
・会場:シネスイッチ銀座 東京都中央区 銀座4−4−5 旗ビル
   (地下鉄銀座駅A10番から徒歩1分、JR有楽町駅銀座口から徒歩10分)
・登壇:ジャズシンガー 綾戸智恵様(58)
●『ソング・オブ・ラホール』イベント開催(8/3)
サッチャル・ジャズ・アンサンブルの秘蔵映像を見ながら、彼らやパキスタン音楽の魅力を語り尽くす公開前イベントを開催。音楽評論家のサラーム海上、パキスタン文化研究者の村山和之が、彗星のごとく現れた超絶演奏のおっさん軍団サッチャル・ジャズ・アンサンブルの魅力を紐解く。シタール奏者のヨシダダイキチによる「テイク・ファイヴ」のデモ演奏も予定。
・日時:8月3日(水) OPEN 18:30 / START 19:30
・会場:LOFT9 Shibuya(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS1F)
・出演:サラーム海上(音楽評論家・DJ・中東料理研究家)、村山和之(パキスタン文化研究)、ヨシダダイキチ(シタール奏者)
・チケット:前売¥2500 / 当日¥2800(飲食代別)
      ※にしき食品のカレー1パック(マトンパンジャビー)のお土産付
・発売:ローソンチケットで7/2(土)より発売中(Lコード:32936)
●『ヒマラヤ』公開記念トークショーを開催(8/6)
八ヶ岳で滑落し九死に一生を得ながらも、本年5月23日に日本最年少でエベレストに登頂したばかりの南谷真鈴と、以前は登山も志し、幾度も危険に会いながらも未踏の洞窟に挑戦し続ける吉田勝次が登壇。映画『ヒマラヤ』について、エベレストや洞窟の魅力また、極限な場所に危険に向き合いながらも挑戦し続ける想いや素晴らしさなど、普通では聞けない臨場感溢れるトークショーを開催!
・日時:8月6日(土)12:35の回上映後 14:40〜トークショー予定
・場所:ヒューマントラストシネマ有楽町(千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア イトシアプラザ4F)
・登壇者:南谷真鈴(19)、吉田勝次(49)
更新日:2018.1.15
back numbers
2004200520062007
2008200920102011
2012201320142015
20162017

comming soon movie

アジア関連映画(公開予定順)
----------
操作された都市(韓国)
消された女(韓国)
スキャンダル デジタルリマスター版(韓国)
----------
風の色(日・韓)
殺人者の記憶法(韓国)
----------
苦い銭(仏・香)
Man Hunt マンハント(中国)
悪女(韓国)
修羅 黒衣の反逆(中国)
悟空伝(中国)
----------
エターナル(韓国)
ザ・メイヤー 特別市民(韓国)
長江 愛の詩(中国)
----------
空海(日・中・香)
コンフィデンシャル共助(韓国)
欲望の翼 デジタルリマスター版(香港)
----------
ゴッド・オブ・ウォー(中・香)
ミッション:アンダーカバー
(中・香)
ザ・キング(韓国)
香港製造 メイド・イン・ホンコン(香港)
ミッドナイト・ランナー(韓国)
----------
南漢山城(韓国)
リアル(韓国)
タクシー運転手 約束は海を越えて(韓国)
----------
海を駆ける(日・インドネシア)

韓国テレビドラマコレクション 韓国テレビドラマコレクション2018
放送中の最新作から名作までを網羅。

(2160円/ キネマ旬報社)

インド映画完全ガイド インド映画完全ガイド
注目のインド映画話題作から最新作・俳優たちを紹介!

(2160円/世界文化社)

華流テレビドラマコレクション2017-2018 華流テレビドラマコレクション2017-2018
華流ドラマの歴史から新作まで!

(1728円/ キネマ旬報社)

●映画祭&特集上映
中国・香港映画まつり2018(2/10-)

アジア映画に詳しい雑誌

中華電影データブック完全保存版 中華電影データブック完全保存版
俳優スタッフから作品まで網羅!待望の本!

(3780円/キネマ旬報社)

中国時代劇で学ぶ中国の歴史 中国時代劇で学ぶ中国の歴史
この1冊で、今日からあなたも中国歴史ツウ!

(1728円/ キネマ旬報社)

cinema journal シネマジャーナル93号
読者とスタッフが選ぶベストテン
(800円/テス企画)

●映画祭公式サイト
・ゆうばり国際
 ファンタスティック映画祭

 (2017.3/2-6)
・大阪アジアン映画祭
 (2017.3/3-12)
・沖縄国際映画祭
 (2017.4/20-23)
・香港国際映画祭
 (2017.4/11-25)
・ショートショート・フィルムフェスティバル&アジア2017
 (6/2-25)
・福岡アジア映画祭
 (2017.7/6-9)
・関西クィア映画祭
 (2017.10/27-29)
・レインボー・リール東京
 〜東京国際レズビアン&
 ゲイ映画祭〜

 (2017.7/8-17)
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
 (2017.7/15-23)
・アジアフォーカス
 福岡国際映画祭

 (2017.9/15-24)
・したまちコメディ映画祭
 (2017.9/15-18)
・釜山国際映画祭
 (2017.10/12-21)
・山形国際ドキュメンタリー映画祭
 (2017.10/5-12)
・京都国際映画祭
 (2017.10/12-15)
・東京国際映画祭
 (2017.10/25-11/3)
・京都ヒストリカ国際映画祭
 (2017.10/28-11/5)
・東京フィルメックス
 (2017.11/18-26)
・中国インディペンデント映画祭
 (2015.12/12-27)

●アジア情報ウェブマガジン
・WEB POPASIA

●アジアの映画が観られる映画館
・キネカ大森
 (アジア専門映画館)
・シネマート六本木・新宿・
 心斎橋

 (アジア専門映画館)

●アジアの映画が豊富なお店
・TSUTAYA
 (新宿・中野店がおすすめ)

yesasia

新作・未公開作DVD&VCD!