logo


ASICRO CINEMA

新作ラインナップ

THE WILD 修羅の拳(ザ・ワイルド:野獣たちの戦争/The Wild)2023/韓国

THE WILD 修羅の拳

公開日:2月16日
シネマート新宿、他全国順次公開
ボクシングの違法試合で相手を死なせてしまった男
罪を償い静かに生きようと願う男に修羅が迫る

違法賭博試合の罪を被り8年の刑を終えた男。過去を捨て静かに生きようとするが、ある女性を救おうとしたことから仲間たちの抗争に巻き込まれていく。『国際警察!』のキム・ボンハン監督が、悪役からコミカルな役柄までこなすパク・ソンウンを主演に描いた男たちのドラマ。共演はオ・デファン、オ・ダルス。運命の女性を「愛の不時着」のソ・ジヘが演じている。『ジェントルマン』『ザ・ガーディアン/守護者』と、どちらかといえば悪役が多いパク・ソンウンだが、硬派な役柄でも違和感がないのはさすが。ボクシングの場面も迫力があり鍛えているようだ。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

梟ーフクロウー(フクロウ/The Night Owl)2022/韓国

梟ーフクロウー

公開日:2月9日
新宿武蔵野館、他全国ロードショー
腹黒い欲望や陰謀が渦巻く宮廷の中で
純粋な盲目の鍼師が闇の中に見たものとは?!

盲目の鍼師が腕を認められ宮廷に仕えることになるが、清から8年ぶりに戻った世子の暗殺騒動に巻き込まれていく。1645年、仁祖の時代に実際に起こった実録を元に、暗闇の中で眼が見えるため事件の目撃者となってしまった鍼師を主人公に描いた宮廷サスペンス。監督は本作で長編デビューしたアン・テジン。主演を若手実力派のリュ・ジュンヨルが演じ、地味な冒頭から物語が進むほどに存在感が増す演技を見せてくれる。さらに、狂気の王をユ・ヘジンが持ち前の笑いを封印して熱演。22年の年間最長No.1記録を樹立。23年の韓国映画賞では見事27冠に輝いている。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

同感〜時が交差する初恋〜(同感/Ditto)2022/韓国

同感〜時が交差する初恋〜

公開日:2月9日
シネマート新宿、他全国順次公開
20年の時を越えてつながる奇跡と2つの恋の行方
名作『リメンバー・ミー』の最新リメイク

2022年の学生が見つけた古い無線機が、同じ大学に通う1999年の学生と繋がり交信を始める。それぞれ恋の悩みを相談し、互いを応援していくのだが…。初恋のドキドキとせつなさが詰まったファンタジックラブストーリー。女性監督のソ・ウニョンが脚本も手がけ、ユ・ジテとキム・ハヌルが主演した2000年の『リメンバー・ミー』をリメイク。ヨ・ジングとチョ・イヒョンを主演に、キム・ヘユン、ナ・イヌ、ペ・イニョクらフレッシュスターを揃え、流行や若者言葉で2つの時代を再現。新しい世界を作りあげた。パク・ハソンやユ・ジェミョンの特別出演にも注目。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

ジェントルマン(ジェントルマン/Gentleman)2022/韓国

ジェントルマン

公開日:2月9日
新宿バルト9、他全国順次公開
法曹界の巨悪を暴き、極悪エリートを懲らしめろ!
偽装検事と暴走検事が仕掛ける予測不能リベンジ

依頼人の失踪事件に巻き込まれ容疑者にされた興信所社長。依頼人を探して容疑をはらすため、偽装検事になって監査部のやり手女性検事と組み、事件の背後にいる男を追い詰めていく。共通の敵でつながったふたりが、それぞれのやり方でリベンジを果たしていく痛快クライムエンターテインメント。監督は風刺とどんでん返しが上手いキム・ギョンウォン。主人公をチュ・ジフンが演じ、『スタートアップ!』のチェ・ソンウンと組んで、芸達者なパク・ソンウン演じる悪党をやっつける。最後まで予測不能で結末は痛快。ジフンの顔を盛んに舐める子犬もキュートだ。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

ローリング・ガール(Rolling Girl)2023/韓国

ローリング・ガール

公開日:2月2日
シネマート新宿、他全国順次公開
母のキンパ店を手伝うことになったニート娘
新たな出会いと体験が彼女の世界を変えていく

だらしない生活を送っていた25歳のニート女性。祖母の看病で母が不在の間、キンパの店を任され孤軍奮闘。仕事や人々との出会いが生き方を変えていく。パンデミックの閉鎖的な時代を背景に描かれるヒューマンドラマ。母との絆や新たな恋のときめきが、美味しそうなキンパと共に描かれる。監督は本作が長編デビューとなるクァク・ミンスン。主演はシム・ダルギ(『人生は、美しい』)。過去をひきずりながらも、少しずつ変化していく様を丁寧に演じている。母親役はベテラン女優のチョン・ウンギョン。美味しそうなキンパがたくさん登場するのでそそられる。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

すべて、至るところにある(Everything, Everywhere)2023/日本

すべて、至るところにある

公開日:1月27日
シアター・イメージフォーラム、他全国順次
かつて旅で出会った映画監督に導かれ
バルカン半島のスポメニックを巡る記憶の旅路

かつてバルカン半島を旅した時に出会い撮影に参加した女性に、監督からメッセージが届く。彼女に託されたデータをもとに彼を探す中、彼女は多くのスポメニックを訪れる。クロアチアに点在する巨大なスポメニック(モニュメント)と美しい風景や戦争の傷跡を記録し、人間の過去・現在・未来に想いを馳せるリム・カーワイ監督のバルカン半島3部作完結編。2作目後、パンデミックや戦争で撮影が中断。その時に感じた無力感と希望も込められている。旅する女性はアデラ・ソー、監督役を尚玄が演じるが、主人公はまさに人間を圧倒する巨大で異様な建造物たち。
▼詳細データとおすすめコメント ▼劇場サイト ▼予告編

白日青春ー生きてこそー
(白日青春/The Sunny Side of the Street)2022/香港・シンガポール

白日青春ー生きてこそー

公開日:1月26日
新宿シネマカリテ、他全国順次公開
過失でパキスタン移民の父親を死なせた男が
残された幼い息子をカナダへ送ろうと奔走する

接触事故が元で相手の男を死なせてしまったタクシー運転手。難民申請中のパキスタン系偽装移民だったため、埋葬もできず悲しむ家族を見て助けようと奔走する。悪の道に入りかけた少年を救う姿が、大陸から渡った過去や息子との確執を交えて描かれる人間ドラマ。新鋭ラウ・コックルイ監督の長編デビュー作で、ソイ・チェン監督がプロデュース。主人公を演技派のベテラン、アンソニー・ウォンが演じ、息子役はエンディ・チョウ。10歳のパキスタン少年をサハル・ザマンが生き生きと演じ、金像奨で新人俳優賞を受賞した。香港とは縁の深い難民事情も興味深い。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

ザ・ガーディアン/守護者(保護者/A Man of Reason)2022/韓国

ザ・ガーディアン/守護者

公開日:1月26日
新宿バルト9、他全国ロードショー
10年後に出所した男と初めて会った幼い娘
平凡になりたい男を組織の殺し屋たちが追う

かつて組織で大殺戮を起こし10年の刑期を終えた男が出所。恋人に娘が生まれていたと知り、平凡な人生を望むが、警戒する組織は殺し屋を送り込む。明快なストーリーにユニークな殺し屋を絡ませたアクションドラマ。トップ俳優チョン・ウソンによる監督デビュー作で主人公も演じている。組織のボスはパク・ソンウン、殺し屋コンビはキム・ナムギルとパク・ユナ。自分スタイルにこだわりを持つ殺し屋が、ターゲットの強さと男気に惹かれる様も面白く、憎みきれないキャラ設定になっている。恋人の仇をとり、娘を守るために闘う姿がチョン・ウソンにはよく似合う。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

海街奇譚(海洋動物/In Search of Echo)2019/中国

海街奇譚

公開日:1月20日
シアター・イメージフォーラム、他全国順次
消えた妻を探して離島を訪れた男がたどる
過去の記憶と幻想に彩られたミステリアスな旅

仲違いをして消えた妻を探し、妻の故郷の離島を訪れた売れない俳優の男。小学校の先生、宿の女主人、ダンスホールのオーナー、消えた仏頭を探す町長と息子、若い漁師、過去に演じた連続殺人鬼…様々な記憶と現実が交錯しながら描かれるアート・サスペンス。舞台演出やCMなども手がけた新世代監督チャン・チーの長編デビュー作。主演は機械技師が本業のチュウ・ホンヤン。妻役をリン・シュアンが演じている。映像は美しく展開はトリッキー。記憶と現実が夢の中で混ざり合い、主人公が妻や自分自身と対峙する内面の旅がミステリアスに描かれている。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

緑の夜(Green Night)2023/香港

緑の夜

公開日:1月19日
ヒューマントラストシネマ有楽町、他全国
ファン・ビンビン&イ・ジュヨンの魅力的な共演!
偶然に出会った二人の女の自由への逃避行

韓国の保安検査場で働く中国人女性と髪を緑に染めた若い運び屋の女。空港で出会った二人は男たちの束縛から逃れ、自由への逃避行に賭ける。偶発的な事件に導かれた二人の女が共鳴し、闘う逞しい姿を描くヒューマンドラマ。中国のトップスター、ファン・ビンビンの俳優復帰作で韓国の若手人気女優イ・ジュヨンとの共演でも話題となった。監督は中国の新鋭ハン・シュアイ。撮影はベルギーのマティアス・デルヴォー。コロナ感染後をキム・ヒョンソクが助太刀し、美しい映像に仕上がっている。新鮮な共演で描かれる極限状態の二人の刹那を存分に味わおう。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

燈火(ネオン)は消えず(燈火闌珊/A Light Never Goes Out)2022/香港

燈火 (ネオン) は消えず

公開日:1月12日
Bunkamura ル・シネマ渋谷宮下、他全国
かつて香港の街を華やかに彩ったネオン看板たち
ネオン職人の伝統とプライドを夫婦愛と共に描く

ネオン職人だった最愛の夫が亡くなり呆然とする妻。閉めたはずの工房に若い弟子がいたことがわかり、夫がやり残した仕事を完成させようと奮闘する。懐かしい香港のネオン看板の数々と共に、職人たちの仕事と伝統に敬意をはらい映画として記録した感動作。パリで映画を学んだアナスタシア・ツァン監督の長編デビュー作で、シルヴィア・チャンとサイモン・ヤムが夫婦、セシリア・チョイが娘を演じている。2010年の法改正で今や9割のネオンが消えた香港の街。その後の社会変化も描きつつ、ネオン復活への願いも託す。香港ファンには最後にサプライズあり!
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

葬送のカーネーション
(Bir Tutam Karanfil/Cloves & Carnation)2022/トルコ・ベルギー

葬送のカーネーション

公開日:1月12日
ヒューマントラストシネマ有楽町、他全国
亡き妻の棺をかつぎ、国境をめざす老人と孫娘
旅の途中で出会う人々に託された人生の意味

かつて難民としてトルコへ渡った老人と孫娘。老人は亡き妻との約束で故郷に妻を埋葬するため孫娘と国境を目指すが、棺を運んでくれる車はなかなか見つからず過酷な旅が続く。昨年の東京国際映画祭でワールドプレミア上映され、その後世界の映画祭を巡り注目された話題作。監督はトルコの新世代監督ベキル・ビュルビュル。強い眼差しが印象的な孫娘は、演技初体験で本作で女優デビューしたシャム・シェリット・ゼイダンが演じている。厳格な祖父役はベテラン俳優のデミル・パルスジャン。寡黙な旅だが、少女の視点や周囲の出来事から人生が雄弁に語られる。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

ヴィクラムとヴェーダ(Vikram Vedha)2022/インド

ただ高く舞え(Soorarai Pottru)2020/インド

エクスペンダブルズ ニューブラッド(Expend4bles)2023/アメリカ

シャクラ(天龍八部之喬峰傳/Sakra)2023/香・中

コンクリート・ユートピア(コンクリート・ユートピア/Concrete Utopia)2023/韓国

マイ・ハート・パピー (モンムンイ/My Heart Puppy)2023/韓国

宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました(ユックサオ/6/45)2023/韓国

赤い糸 輪廻のひみつ(月老/Till We Meet Again)2021/台湾

Perfect Days(Perfect Days)2023/日本

香港の流れ者たち(濁水漂流/My♡Puppy)2021/香港

香港の流れ者たち

公開日:12月16日
ユーロスペース、他全国順次公開
再開発と強制撤去で居場所を失うホームレスたち
生きる権利と尊厳を問う生活弱者たちの叫び

刑務所から出所した男がホームレス仲間の元に戻って暮らすが、事前通告なく警察が「清掃」にやって来て彼らの家財道具や私物をゴミとして廃棄。怒った彼らはソーシャルワーカーと共に、訴訟を起こすのだが。新鋭ジュン・リー監督が2012年の事件を元に脚本を書き、学生時代に出会ったホームレスたちの姿も重ね合わせて完成させ、多数の映画賞を席巻したヒューマンドラマ。主演はフランシス・ン。共演にツェー・クワンホウ、ロレッタ・リー、セシリア・チョイ、ウィル・オーと新旧の人気俳優が揃った。様々な社会問題も織り込まれており、胸が熱くなる。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

ポトフ 美食家と料理人(La Passion de Dodin Bouffant)2023/フランス

ポトフ 美食家と料理人

公開日:12月15日
Bunkamuraル・シネマ 渋谷宮下、他順次
森のシャトーで作られる100年前の極上メニュー
深い絆で結ばれた美食家と料理人の愛と人生

1885年。料理界のナポレオンと讃えられる美食家と、彼のアイデアを忠実に再現しそれ以上の料理を創造する料理人が、美食家たちを喜ばせていた。二人がやっと結婚を決めた矢先、料理人は病に倒れてしまう…。食事と文化の関係を考察するガストロノミーについての映画として、トラン・アン・ユン監督が完成させ、カンヌ映画祭で監督賞を受賞した美食と愛の映画。調理過程から食卓に並ぶまでをじっくりと堪能できる。主演は20年ぶりの共演となったジュリエット・ビノシュとブノワ・マジメル。監修は三つ星シェフのピエール・ガニェール。食いしん坊は必見!
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

スリ・アシィ(Sri Asih)2022/インドネシア

スリ・アシィ

公開日:12月15日
ヒューマントラストシネマ渋谷、他全国順次
インドネシア初のスーパーヒーロー降臨!
噴火と共に誕生した女神が運命と使命に覚醒する

火山の噴火と共に生まれた赤児。養母から女格闘家として育てられるが、火の女神に脅かされ、自分の真の力と使命を知らされる。1954年に誕生したコミックを原作に、マーベル・シリーズを生み出すMCUのインドネシア版、BCU(ブンミラゲット・シネマティック・ユニバース)が制作したスーパーヒーロー大作。社会問題や人間ドラマも得意とする女性監督ウピが、現代に蘇る最強の女神を描く。主演はペフィタ・ピアース。共演はレザ・ラハディアン、クリスティン・ハキム。アクションをイコ・ウワイスのチームが担当している。マーベル・シリーズのファンも必見。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

父は憶えている(Esimde/This is What I Rememer)2022/キルギス・日・蘭・仏

父は憶えている

公開日:12月1日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
帰郷した父は記憶と言葉を失くしていた
彼と共に23年間の空白から蘇る家族と村人の物語

23年前、出稼ぎでロシアに渡ったまま行方不明になっていた父親を息子が見つけ出して連れ帰るが、父は事故で記憶を失くし言葉も話せなくなっていた。昔の友人たちが集まるが、妻は再婚しており…。帰郷した男を取り巻く家族や友人たちの姿を、23年の間に変化したキルギスの村の様子と共に描く人間ドラマ。監督は中央アジアの名匠アクタン・アリム・クバルト。自ら主人公を演じ、実の息子が息子役を演じている。美しい大自然と素朴なキルギスの村にも様々な問題が押し寄せ、ゴミも散乱。帰ってきた男がもたらす波紋とは?愛を謳う女たちの歌声が素晴らしい。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

スイッチ 人生最高の贈り物(スイッチ/Switch)2023/韓国

スイッチ 人生最高の贈り物

公開日:12月1日
シネマート新宿、他全国順次公開
人気スターとマネージャーの人生がスイッチ?!
聖夜のタクシーが起こした奇跡とそれからの二人

女たらしで傲慢な人気スターと元劇団仲間で彼のマネージャーになった男。クリスマスイブの夜、孤独なスターを乗せたタクシーの運転手が、彼を別な人生へと送り届ける。金も名声も手に入れた孤独なスターと幸せな家庭を持つマネージャーの人生が入れ替わり?!体験するのが一番と、人生を選び直す機会を与えられた男のファンタジードラマ。脚本家としてヒット作を手がけたマ・デユン監督の長編デビュー作で、クォン・サンウとオ・ジョンセがスイッチする人生を演じる。別れた元恋人から妻になるのはイ・ミンジョン。ハッピーな結末はカップルにもおすすめ。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

ディス・マジック・モーメント(This Magic Moment)2023/日本

ディス・マジック・モーメント

公開日:11月25日
シアター・イメージフォーラム、他全国順次
日本で映画監督になったリム・カーワイの
ミニシアターと映画を愛する人々を巡る旅

学生時代のミニシアターとの出会いがきっかけで映画を学び、日本で映画監督になり、大阪を拠点に世界で活動しているマレーシア出身のリム・カーワイ監督。昨年公開になった『あなたの微笑み』の撮影で訪れた日本のミニシアターに興味を持ち、監督自身があらためて日本全国のミニシアター22館を取材した初のドキュメンタリー。状況や運営形態はそれぞれに異なるものの、ミニシアターが抱える問題と共に、運営している人たちが皆、文化の発信や継承、なによりも映画愛に溢れていることがよくわかる。映画ファンはもちろん映画館運営に興味のある方は必見!
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

PHANTOM/ユリョンと呼ばれたスパイ(幽霊/Phantom)2023/韓国

PHANTOM/ユリョンと呼ばれたスパイ

公開日:11月17日
シネマート新宿、他全国順次公開
1933年の京城、館に集められた5人の容疑者
ユリョン探しと攻防戦を描くスパイアクション

1930年代、日本統治下の京城。抗日組織「黒色団」の「ユリョン」と呼ばれるスパイたちの活躍を描くスパイアクションドラマ。『毒戦 BELIEVER』のイ・ヘヨン監督が、上海を舞台にした中国の小説『風聲』を京城を舞台に翻案。当時のスパイたちの攻防戦をスタイリッシュに描いた。主要人物にソル・ギョング、イ・ハニ、パク・ソダム、パク・ヘス、ソ・ヒョヌと豪華俳優陣が並び、日本語が飛び交うスパイ探しと暗殺計画の同時進行も見所。特に後半の推理劇からアクションへの転換が効いており、スピーディーで激しい展開に目が離せなくなる。助演陣も豪華だ。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

モナ・リザ アンド ザ ブラッドムーン
(Mona Lisa and The Blood Moon)2022/アメリカ

モナ・リザ アンド ザ ブラッドムーン

公開日:11月17日
新宿シネマカリテ、他全国順次公開
特殊能力に目覚めた若い女性が満月の夜に脱走
出会った人々に助けられ自由へ飛び立つ

10歳から精神病院に隔離されていた女性が、特殊能力を使って脱走。DJやストリッパー、絵の得意な少年たちと出会い、自我に目覚めていく。サイケデリックな音楽が響くニューオーリンズを背景に展開する、予測不能な逃避行。世界の映画祭を席巻し「次世代のタランティーノ」と称されるアナ・リリ・アミリプール監督の長編3作目。『バーニング 劇場版』で一目惚れしたというチョン・ジョンソを主人公に、ケイト・ハドソン、クレイグ・ロビンソン、エド・スクラインらが集まった。ポップでシュールな音楽と映像に酔いしれ、進化するモナ・リザを見届けよう。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

サタデー・フィクション(蘭心大戯院/Saturday Fiction)2019/中国

サタデー・フィクション

公開日:11月3日
ヒューマントラストシネマ有楽町、他順次
舞台と現実の狭間で暗躍する美しき女スパイ
各国の思惑が交錯する太平洋戦争開戦前の7日間

上海の租界地区に有名女優が公演にやって来るが、真の目的は日本海軍の新たな暗号情報を入手することだった。欧米、南京、重慶…と様々な立場のスパイが暗躍する上海で繰り広げられる秘密の作戦を、舞台監督と女優の恋模様も織り交ぜて描くスパイ・サスペンス。監督はロウ・イエ。ホン・インの「上海の死」を脚色し、劇中劇に横光利一の「上海」を借用。モノクロ映像に音楽は舞台音楽のジャズだけと、ストイックかつスタイリッシュな作品に仕上げた。主演はコン・リー。舞台監督をマーク・チャオ、日本海軍少佐をオダギリジョー、その他、豪華俳優陣が出演。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

人生は美しい(人生は美しい/Life is Beautiful)2022/韓国

人生は美しい

公開日:11月3日
シネマート新宿、他全国順次公開
余命2ヶ月を宣告された妻が夫に頼んだ願い事
それは、高校時代の初恋の彼を探す旅

肺ガンで余命2ヶ月の宣告を受けた妻。無骨な夫は優しさのかけらもなく、何も知らない子どもたちは自分勝手放題。妻はバケットリストを作り、夫の運転する車で高校時代の初恋の彼を探す旅に出る。過去を遡りながら、夫と出会った頃や新婚時代などを振り返り、かけがえのない絆を取り戻す家族を描いたミュージカル映画。監督はチェ・グッキ。主演の夫婦をリュ・スンリョンとヨム・ジョンアがチャーミングに演じ、ヒットソングと踊りでワクワク感を披露。若き日の妻はパク・セワン。初恋の彼はWanna One出身のオン・ソンウ。二人の青春時代も眩しい。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

ビー・ガン | ショートストーリー(破碎太陽之心/A Short Story)2022/中・仏

ビー・ガン | ショートストーリー

公開日:10月29日
ヒューマントラストシネマ渋谷、他全国順次
この世で一番大切なものを知りたくて
3人の奇人を訪ねる黒猫の旅を描く15分の映像詩

孤独な黒猫が案山子と出会い「この世で一番大切なもの」を尋ねると、3人の奇人に会うよう言われる。黒猫は養護施設のロボット、記憶が短い女、そして悪魔と出会うのだが…。『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』で注目された中国の新鋭、ビー・ガン監督による5年ぶりの新作。15分の短編だが、カンヌ映画祭ほか世界の映画祭で話題となった。寓話仕立てのファンタジーで、黒猫を語り部に太陽の光がもたらす力を描いている。単独劇場公開は世界初。ポスターは成瀬慧氏のデザイン。ワンコイン=500円で堪能できるので、大きなスクリーンで堪能しよう。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

極限境界線 ー救出までの18日間ー(交渉/The Point Men)2023/韓国

極限境界線 ー救出までの18日間ー

公開日:10月20日
TOHOシネマズ日比谷、他全国順次公開
タリバンに拉致された23人を救出せよ!
命がけの駆け引きに挑む交渉外交官と現地工作員

2006年9月、渡航禁止区域のアフガニスタンに入った韓国人23人がタリバンに拉致され、急遽派遣された外交官と現地の工作員が対立しながら交渉にあたる。実話を元に、二転三転するテロリストたちとの交渉に翻弄される男たちの究極の闘いをスリリングに描いた社会派ドラマ。リアリズムを重視するイム・スルレ監督(『リトル・フォレスト 春夏秋冬』)が、コロナ禍に韓国とヨルダンロケで完成させた。熱血外交官をファン・ジョンミン、アウトローの工作員をヒョンビンが演じ、対照的な二人に深い絆が生まれていく。カン・ギヨンが演じた現地通訳も印象深い。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

宇宙探索編集部(宇宙探索編輯部/Journey to the West)2021/中国

宇宙探索編集部

公開日:10月13日
新宿シネマカリテ、他全国順次公開
廃刊の危機にある「宇宙探索」の編集長たちが
宇宙人との遭遇をめざして西への旅に出る

90年代の人気SF雑誌「宇宙探索」。30年後に廃刊の危機を迎える中、異変をキャッチした編集長が宇宙人を探す旅に出る。謎の光と失われた石の玉。鍋を被る青年。編集長がたどり着いたのは…。宇宙人の存在を信じ、宇宙人に会う夢を諦めない男の顛末をコミカルかつ深遠に描いたSFヒューマンドラマ。北京電影学院のコン・ダーシャンが卒業制作として監督した長編デビュー作。コロナ禍を経て2021年に完成させ、世界の映画祭を席巻。中国全土では今年4月に公開され話題となった。主演は演技派のヤン・ハオユー。謎の青年を演じたワン・イートンが面白い。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

配信犯罪(ラバン/Live Stream)2022/韓国

配信犯罪

公開日:10月13日
シネマート新宿・心斎橋(20日-)
謎の男による盗撮生配信の違法ライブショウ
恋人を拉致された青年が彼女を救うために闘う

ジェントルマンと名乗る男によるVIP会員向けの盗撮生配信。悪友から送られてきたリンクで入室してしまった青年が見たのは、恋人が主人公の映像だった。ネット性犯罪を題材に、観客会員や傍観者たちの罪を問う社会派スリラー。本作で長編デビューしたチュ・ジェヨン監督が、被害者が増えないことを祈って作りあげた。主演は悪役からコメディまで、幅広い演技力を持つパク・ソンウン。翻弄される青年をドラマで活躍するパク・ソンホ、恋人をキム・ヒジョンが演じている。隠し撮りライブ配信の最中、画面越しで対決する二人。予想外の結末まで目が離せない。
▼詳細データとおすすめコメント ▼公式サイト ▼予告編

草原に抱かれて(臍帯/The Cord of Life)2022/中国

草原に抱かれて

公開日:9月23日
新宿K's cinema、他全国順次公開
ミュージシャンの息子が認知症の母親を連れて
雄大な草原へと帰っていく幻想的な旅路

電子楽器と馬頭琴で演奏する人気ミュージシャン。認知症の母親が家に帰りたいとせがみ、兄の家から連れ出して草原の生家で暮らすようになるのだが…。中国にある内モンゴル自治区を舞台に、都会と大自然の暮らし、生と死の境を、認知症の母と息子の旅として描いた人間賛歌。内モンゴル自治区出身でフランスで映画を学んだ新鋭チャオ・スーシュエ監督が、長編デビュー作として完成させ高い評価を受けた。主演は世界の映画で活躍する大女優バドマとシンガーソングライターで本作が映画初主演のイデル。子どものような母親と音でつながる親子の姿が美しい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

燃えあがる女性記者たち(Writing With Fire)2021/インド

燃えあがる女性記者たち

公開日:9月16日
ユーロスペース、他全国順次公開
ダリト女性の新聞がデジタル化で革命を起こす!
怒れる女性記者たちに密着したドキュメンタリー

2002年にウッダル・プラデーシュ州でダリト女性たちが創刊した週刊新聞「カバル・ラハリヤ」。2016年にデジタル配信も始め、彼女たちのニュースは社会を変えていく。3人の女性記者に焦点を当て、スマホを使って取材活動を続ける彼女たちに5年がかりで密着したドキュメンタリー。監督はリントゥ・トーマスとスシュミト・ゴーシュ。カースト差別が根強く残るインド社会で、カースト以下の不可触民ダリトの女性は長年性暴力にさらされている。それゆえに、彼女たちが起こした報道の力による革命は意義深い。女性には共感と勇気がもらえる作品になっている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

PATHAAN/パターン(PATHAAN)2023/インド

PATHAAN/パターン

公開日:9月1日
新宿ピカデリー、他全国
世界を股にかける伝説のスパイの攻防戦
社会現象になったメガヒット作が早くも登場!

国際テロ組織を追うインドの秘密諜報機関。次の標的がインドとわかり、伝説のスパイが動き始める。アフリカ、ドバイ、スペイン、モスクワ、パリ…と世界各地を背景に繰り広げられるスパイアクション超大作。監督は『WAR ウォー!!』のシッダールト・アーナンド。ボリウッド映画界の王シャー・ルク・カーンが4年ぶりに主演復帰したことでも話題となり、ボリウッド史上No.1ヒットを記録している。共演はディーピカー・パードゥコーン。手強い敵をジョン・エイブラハムが演じ、スパイ仲間としてサルマン・カーンもカメオ出演。これはもう観るしかない!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

さらば、わが愛 覇王別姫 4K
(覇王別姫/Farewell To My Concubine)1993/中・香・台

さらば、わが愛 覇王別姫 4K

公開日:7月28日
角川シネマ有楽町、他全国順次公開
激動の歴史に翻弄された京劇役者たちの愛と運命
レスリー主演の不朽の名作が圧倒的映像美で蘇る!

京劇学校で出会った二人の少年。人気女形と男役として一世を風靡するが、日中戦争、文化大革命と歴史の渦の中で運命が翻弄されていく。巨匠チェン・カイコー監督が香港のトップスター、レスリー・チャン主演で制作し、中国初のカンヌ映画祭パルムドールを受賞。数々の海外映画祭で絶賛され日本でも大ヒットした傑作。公開から30周年、レスリー没後20周年となる今年、4Kによる最高画質のリマスター版でスクリーンに蘇った。共演はコン・リー、チャン・フォンイー。ファンのみならず、新たに本作に触れる新世代の映画ファンも必見!伝説の作品を堪能しよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編

RRR(RRR)2021/インド

RRR

公開日:10月21日
新宿ピカデリー、他全国ロードショー
世界を席巻!伝説の英雄コンビ誕生!
驚天動地の奇跡を描く壮大なアクション大作

植民地時代のインド。英国軍にさらわれた少女の救出に向かう男と大義のため英国政府の警察になった男が身分を隠して出会い、深い友情を築く。インド独立運動の英雄として知られる実在の2人をモデルに描くアクション・エンタテインメント。『バーフバリ』シリーズのS.S.ラージャマウリ監督、待望の最新作で、全米・全英で前作を超える大ヒットを記録している。主演はテルグ語映画界の2大スター、ラーム・チャラン (『マガディーラ 勇者誕生』) とNTR. Jr. (『バードシャー テルグの皇帝』) 。共にダンスが上手くダンスバトルも見どころ。来日PRも見逃すな!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼予告編


cinema information

ミュージカル『KANO 〜1931 甲子園まで2000キロ〜』絶賛公演中!(2023.4.1-2024.3)
2015年に日本公開された台湾映画『KANO ーカノー 1931海の向こうの甲子園』(製作:ウェイ・ダーション 監督:マー・ジーシアン)がなんと、日本のミュージカルになって登場。主人公の近藤兵太郎の出身地、松山市がある愛媛県の「坊っちゃん劇場」にて、日台野球交流100周年記念ミュージカル「KANO 〜1931 甲子園まで2000キロ〜」として2023年4月1日より公演が続いている。脚本は羽原大介。演出は錦織一清。音楽監督は岸田敏志。さらに、8月4日〜15日は台湾スペシャルステージを開催。7月に台北で開催された記者会見では、ウェイ・ダーション監督も出席。8月公演の初日にも駆け付けた。映画では永瀬正敏が演じた近藤兵太郎役は、台湾スペシャルでは大浦龍宇一が演じる。また、台湾人キャスト3名も出演。
*チケット、その他の詳細は坊ちゃん劇場公式サイトへ。(ライブ配信もあり!)
更新日:2024.2.19
back numbers
2004200520062007
2008200920102011
2012201320142015
2016201720182019
2020202120222023
back to cinema top

comming soon movie

アジア関連映画(公開予定)
--------------------
*2月公開
--------------------
犯罪都市 NO WAY OUT(韓国)
ソウルメイト(韓国)
ザ・フェイス(インド)
--------------------
*3月公開
--------------------
FEAST -狂宴-(香港)
ストリートダンサー(インド)
-------------------
青春の反抗(台湾)
--------------------
ビニールハウス(韓国)
--------------------
流転の地球 -太陽系脱出計画-(中国)
--------------------
ラブリセット 30日後に離婚します(韓国)
成功したオタク(韓国)
--------------------
*4月公開
--------------------
貴公子(韓国)
青春(仏・ルクセンブルク・蘭)
--------------------
*5月公開
--------------------
無名(中国)
韓国テレビドラマコレクション 韓国テレビドラマコレクション2023
放送中の最新作から名作までを網羅。

(2530円/ キネマ旬報社)

インド映画完全ガイド インド映画完全ガイド
注目のインド映画話題作から最新作・俳優たちを紹介!

(2160円/世界文化社)

華流テレビドラマコレクション2017-2018 華流テレビドラマコレクション2017-2018
華流ドラマの歴史から新作まで!

(1728円/ キネマ旬報社)

映画祭&特集上映
ミレニアム・マンボ 4Kレストア版
(2/16-)

アジア映画に詳しい雑誌

中華電影データブック完全保存版 中華電影データブック完全保存版
俳優スタッフから作品まで網羅!待望の本!

(3780円/キネマ旬報社)

中国時代劇で学ぶ中国の歴史 中国時代劇で学ぶ中国の歴史
この1冊で、今日からあなたも中国歴史ツウ!

(1728円/ キネマ旬報社)

cinema journal シネマジャーナル106号
年刊第6号「映画祭レポート大特集」
(800円/テス企画)

●映画祭公式サイト
・ゆうばり国際
 ファンタスティック映画祭

 (2023.6/29-7/2)
・大阪アジアン映画祭
 (2024.3/1-10)
・沖縄国際映画祭
 (2023.4/15-16)
・香港国際映画祭
 (2022.8/15-31)
・ショートショート・フィルムフェスティバル&アジア2022
 (2022.6/7-30)
・福岡アジア映画祭2022
 (2022.9/3-4)
・関西クィア映画祭2022
 (2022.9/2-8・23-25)
・レインボー・リール東京
 〜東京国際レズビアン&
 ゲイ映画祭〜

 (2022.7.8-18)
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
 (2022.7/16-24)
・アジアフォーカス
 福岡国際映画祭

 *アーカイブのみ
・釜山国際映画祭
 (2022.10/5-14)
・山形国際ドキュメンタリー
 映画祭

 (2023.10/5-12)
・ドキュメンタリードリーム
 ショー山形 in 東京2020

 (2020.11/7-20)
・京都国際映画祭
 (2022.10/14-16)
・2023東京・中国映画週間
 (2023.10/17-24)
・Asian Film Joint 2022
 (2022.10/21-29)
・東京国際映画祭
 (2023.10/23-11/1)
・東京フィルメックス2023
 (2023.11/19-26)
・Cinema at Sea
 沖縄環太平洋国際フィルム
 フェスティバル

 (2023.11/23-29)
・京都ヒストリカ国際映画祭
 (2022.10/29-11/6)
・東京ドキュメンタリー映画祭
 (2022.12/10-23)

●アジア情報ウェブマガジン
・アジア映画巡礼
・シネマジャーナルWEB
・銀幕閑話
・アジアンパラダイス
・WEB POPASIA

●アジアの映画が観られる映画館
・シネマート新宿・心斎橋
・新宿武蔵野館
・K's cinema
・新宿シネマカリテ
・キネカ大森
・ヒューマントラストシネマ渋谷
・ヒューマントラストシネマ有楽町
・渋谷ユーロスペース
・シアターイメージフォーラム
・恵比寿ガーデンシネマ
・新宿ピカデリー
・ポレポレ東中野
・アップリンク吉祥寺

●アジアの映画が豊富なお店
・TSUTAYA
・YesAsia.com
 (アジア各地の映画・音楽)