logo


ASICRO CINEMA

新作ラインナップ

在りし日の歌 (地久天長/So Long, My Son)2019/中国

在りし日の歌

公開日:4月3日
角川シネマ有楽町、他全国ロードショー
変貌し続ける激動の30年を背景に描く
最愛の息子を亡くしたある夫婦の流転と歳月

最愛の息子を事故で亡くし、迎えた養子にも家出された一組のおしどり夫婦の半生を、1980年代から2010年代までの中国の変遷と共に描いた人間ドラマ。中国で暮らす市井の人々ならではの苦悩や困難、幸せや喜びを丁寧に掬い取ってあり、台湾映画を彷彿とさせる映像も素晴らしい。監督は中国第6世代のワン・シャオシュアイ。撮影は韓国のキム・ヒョンソクが担当している。夫婦を演じたワン・ジンチュン(『オルドス警察日記』)とヨン・メイ(『黒衣の刺客』)が素晴らしく、多数の演技賞受賞も納得。3時間を超える長編だが、感動のラストまで堪能できる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

悲しみより、もっと悲しい物語
(比悲傷更悲傷的故事/More Than Blue)2018/台湾

悲しみより、もっと悲しい物語

公開日:4月3日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
最愛の人を幸せにするために想いを閉ざす男女
韓国映画の泣ける大ヒット作を台湾流にリメイク

高校生の時に出会った孤独な男女。一緒に暮らすうちに、互いにかけがえのないパートナーになるのだが、白血病で余命僅かな男は女の幸せのために、別な男との結婚を勧める。2009年にクォン・サンウ&イ・ボヨン主演で大ヒットした同名作の台湾版リメイク。展開はほぼ同じだが、台湾ならではの情緒と演出でエンディングも異なる。癒し系監督のギャビン・リンが手がけ、香港のクワン・ブンリョンが美しい映像を撮影した主演は人気俳優のリウ・イーハオとアイビー・チェン。オリジナル韓国版も台湾版もそれぞれに味わい深いので、両方観るのがおすすめ。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

暗数殺人(暗数殺人/Dark Figure Of Crime)2018/韓国

暗数殺人

公開日:4月3日
シネマート新宿、他全国順次公開
連続殺人を告白して刑事を翻弄する殺人鬼と
真実を追究して奔走する刑事の果てしない闘い

恋人殺しで逮捕された殺人犯の青年。ある刑事にこれまでに7件の殺人をやったと告げ、証拠の情報を小出しにしながら交換条件を出してくるのだが…。刑事事件として表に出ていない隠れた殺人「暗数殺人」を実話を元に作り上げたクライム・サスペンス。監督は若手実力派のキム・テギュン。師匠でもあるクァク・キョンテク監督と脚本を仕上げた。使命感から事件を追い続ける刑事をキム・ユンソク、頭脳明晰で狡猾だが異常な面も持つ犯人をチュ・ジフンが巧みに演じ、数々の賞を受賞している。共演はチン・ソンギュ。モデルとなった刑事は今も捜索を続けている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

サーホー(SAAHO)2019/インド

サーホー

公開日:3月27日
新宿ピカデリー、他全国ロードショー
超絶SFXと豪華絢爛なミュージカル満載
プラバースの魅力が炸裂するクライムアクション

ムンバイで謎の盗難事件が発生。凄腕の覆面捜査官が呼び出され特命チームを結成するが、事件の裏には犯罪組織による根深い後継者争いが絡んでいた。『バーフバリ』シリーズで一躍人気俳優となったプラバースの最新作。古代から現代に舞台を移し、驚きのアクションシーンが連続する。監督・脚本は本作が2作目となる若き新鋭スジート。共演はシュラッダー・カプール。ニール・ニティン・ムケーシュもキー・マンとして登場する。セクシーなロマンスシーンも満載でプラバースのファンは必見。人間関係やストーリー展開がかなり複雑なので、2度観るのがお勧め。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

幼い依頼人(幼い依頼人/My First Client)2019/韓国

幼い依頼人

公開日:3月27日(U-NEXT配信中)
シネマート新宿、他全国順次公開
10歳の少女が弟殺害の容疑者に?!
新米弁護士が児童虐待死亡事件の闇を暴く

就職が決まらず児童福祉局で働く弁護士志望の男のもとに、継母から虐待されている幼い姉弟が通ってくる。2人は彼になつくが、就職が決まってソウルへ去った後に悲劇が起こる。韓国で実際に起こった継母による児童虐待死亡事件を元に作られた人間ドラマ。『私は王である!』のチャン・ギュソン監督が社会派作品に挑んだ。主演はコミカルな演技が持ち味のイ・ドンフィ。チェ・ミョンビンが健気な姉役を、ユソンが恐ろしい継母を巧みに演じ、怒りをおぼえる。恐怖で支配された子どもたちは声をあげにくいが、小さなSOSを絶対に見逃してはならない。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

人間の時間(Human, Space, Time and Human)2018/韓国

人間の時間

公開日:3月20日
シネマート新宿、他全国順次公開
空に浮かぶ軍艦の中で人間の限界が試される
豪華キャストで描くキム・ギドクの新たなる挑戦

日本人の新婚カップルをはじめ、学生、政治家の父子、ギャング、娼婦、詐欺師などなど様々な人々を乗せた観光用軍艦が出航。ギャング団を中心にトラブルが発生し、思わぬ状況に発展していく。人間の業を見つめ描いてきたキム・ギドク監督の最新作。18年のベルリン国際映画祭でプレミア上映され賛否両論を巻き起こした。リュ・スンボム、オダギリジョーなど常連俳優の他に、チャン・グンソクやアン・ソンギ、イ・ソンジェなど豪華キャスティング。主人公の女性役にも藤井美菜が抜擢されている。好き嫌いが分かれる作品なので、覚悟してご覧あれ。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ムルゲ 王朝の怪物(ムルゲ/Monstrum)2018/韓国

ムルゲ  王朝の怪物

公開日:3月13日
シネマート新宿、他全国順次公開
陰謀渦巻く朝鮮王朝に出現した謎の怪物
王の密命を受けた武官たちが怪物退治に挑む!

中宗の時代。疫病が蔓延する都に物怪(ムルゲ)が出現。姦臣に囲まれる王は真偽を確かめるため、かつて追放された最強の武官を呼び戻して調べさせるのだが…。朝鮮王朝実録に残っていた記述を元にイマジネーションを膨らませ、未曽有のモンスターと対決する民衆と武官たちの闘いを描く。監督はホ・ジョンホ。主演は映画・ドラマで活躍するキム・ミョンミン。共演は『パラサイト 半地下の家族』のチェ・ウシク、イ・ヘリ(Girl's Day)、キム・イングォン。怪物にも背景があり『朝鮮名探偵』シリーズを彷彿とさせる痛快な武侠&怪物アクションに仕上がっている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

無敵のドラゴン(九龍不敗/Invincible Dragon)2019/香・中

無敵のドラゴン

公開日:3月13日
シネマート新宿、他全国順次公開
マックス・チャン v.s. アンデウソン・シウバ !!
フルーツ・チャン監督が初めて挑むアクション大作

少年時代に見た九龍の刺青を持つ刑事が女性警官連続殺人事件を担当。婚約者を殺めた最強の敵とマカオで向き合う。『メイド・イン・ホンコン』以来、香港の変遷を描いてきたフルーツ・チャン監督が初のアクション映画に挑戦。九龍伝説に香港魂を託し、刺青を持つ不屈の捜査官の闘いを描く。主演はドニー・イエンに続くアクションスター、マックス・チャン。対戦相手を格闘技の世界でミドル級王座に6年以上も君臨したアンデウソン・シウバが演じ、ハイスペックな激闘が繰り広げられる。共演はケビン・チェン、アニー・リウ。その他、懐かしい顔ぶれも楽しい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

わたしは分断を許さない(-----)2020/日本

わたしは分断を許さない

公開日:3月7日
ポレポレ東中野、他全国順次公開
日本で、世界で、様々な問題に直面する個人を追い
人々の意識の分断に迫るドキュメンタリー

香港、福島、東京、沖縄、カンボジア、シリア、ガザ、アメリカ、北朝鮮…と、様々な場所、地域、国で起こっている紛争や問題の渦中にいる人々に取材し、彼らを取り巻く環境や対極にいる人々との分断に焦点を当てたドキュメンタリー。取材、撮影、監督、ナレーションを務めるのは、NHKから飛び出しフリージャーナリストとして活躍する堀潤。タイトルの分断は国家間の分断ではなく、関心と無関心、共感と無知や無理解の間にある人間の意識レベルでの深い溝を指す。知らなかった事実も語られ興味深い。様々な視点を持ち関心を持つ重要さが問われている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

スーパーティーチャー 熱血格闘(大師兄/Big Brother)2018/香・中

スーパーティーチャー  熱血格闘

公開日:3月6日
シネマート新宿(2週間限定)他全国順次
宇宙最強の男がスーパーティーチャーに!
熱血先生が落ちこぼれ学園の問題児を変えていく

成績最低の学園に元アメリカ海兵隊員の教師が登場。問題児が揃うクラスを担当し、自分の経験やテクニックで生徒たちの心をつかんでいく。宇宙最強のアクションスター、ドニー・イェンが初めて教師に扮し、学園を脅かす悪者相手に大暴れする痛快感動学園ドラマ。昨年11/15から「のむコレ3」で上映され好評だったため、2週間の期間限定公開が実現した。ドニー自らがプロデュースし、数々のドニー作品の助監督をつとめたカム・カーワイが監督している。共演はジョー・チェン。問題児たちに旬でフレッシュな若手俳優たちが起用されている。未見の方は必見!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ
(地球最后的夜晩/Long Day's Journey into Night)2018/中・仏

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ

公開日:2月28日
ヒューマントラストシネマ渋谷、他全国順次
忘れられない女を追って彷徨う男の冒険譚
3D×1カット60分という夢の映像世界へ旅立とう

故郷へ戻ってきた男が忘れられない女の消息を求めて彷徨う内に、不思議な町に迷い込み廃館前の映画館に入る。そこで彼が体験することになる旅とは?3D、1カットで撮影された斬新なラスト60分が大きな話題となった愛と記憶のラブストーリー。監督は中国新世代の若き新鋭ビー・ガン。謎の女をタン・ウェイ、追う男をホアン・ジエが演じ、シルヴィア・チャンやリー・ホンチーなども出演。中・香・台・仏の才能が結集し、カンヌでも絶賛された。音楽や挿入歌も刺激的で驚かされる。謎を追う前半と夢のような後半。ぜひ、3Dメガネをかけて体感して欲しい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

PMC ザ・バンカー(PMC:ザ・バンカー/Take Point)2018/韓国

PMC ザ・バンカー

公開日:2月28日
シネマート新宿、他全国順次公開
CIAと国家間の陰謀に翻弄される傭兵部隊
DMZにある広大なバンカーで生き残るのは誰か?!

CIAの要請でDMZ地帯の地下空間に現れる北朝鮮の高官を捕らえ、亡命を手伝うことになった多国籍の民間傭兵部隊。だが予想外の展開に巻き込まれ窮地に陥ってしまう。近未来の朝鮮半島を舞台に、大統領選を控える米国の思惑と中国、北朝鮮と韓国それぞれの政治的思惑が絡み合って進む地下迷路からの脱出劇。『テロ、ライブ』のキム・ビョンウ監督が同作でも主演したハ・ジョンウのアイデアをもとに、2人で作り上げた渾身作。共演は『パラサイト 半地下の家族』で世界的な注目を浴びているイ・ソンギュン。P.O.V.カムやドローンを駆使した映像がスリリングだ。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ソン・ランの響き(Song Lang/The Tap Box)2018/ベトナム

ソン・ランの響き

公開日:2月22日
新宿K's cinema、他全国順次公開
非情な借金取りとカイルオンの花形役者
孤独な魂が出会い、心を通わせた運命の3日間

伝統芸能カイルオンの役者と奏者を両親に持ちながら借金取りとなった孤独な男が、取り立て先の劇場で花形役者と出会い、彼との交流を通じて生き方を変えようとする。ベトナムの歴史や文化を背景に描かれる悲恋ロマン。友情以上、愛情未満の刹那がみずみずしく描かれる。アメリカで育ったレオン・レ監督の長編デビュー作品。製作は『サイゴン・クチュール』のゴ・タイン・バン。主演のリエン・ビン・ファットは18年のTIFFで東京ジェムストーン賞を受賞。相手役は365dabandのアイザックが演じている。硬軟のイメージが惹かれ合う二人にぴったりで切ない。
▼来日取材 ▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

恋恋豆花(戀戀豆花)2019/日・台

恋恋豆花

公開日:2月22日
新宿K's cinema、他全国順次公開
父親の婚約者と訪れた台湾グルメ旅
出会った人々とスイーツの優しさに心が和んでいく

父親の2度目の再婚相手と二人きりの台湾旅行をすることになった大学生の娘。旅先で出会ったバックパッカーや台湾グルメの数々に、ぎこちない二人の距離は縮まっていくのだが。台湾の観光スポットと台湾スイーツや屋台グルメ、台湾の音楽を盛り込んで描かれる日台合作の母娘旅。美少女映画を得意とする今関あきよし監督の最新作。主演はファッション誌や広告で活躍し、女優としても注目されているモトーラ世理奈。母親役を大島葉子が演じる。台湾からはシー・チーティエンやヴィッキー・パンなど注目の若手俳優が出演。映画を見たら豆花を食べに行こう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

スウィング・キッズ(スウィング・キッズ/Swing Kids)2018/韓国

巡礼の約束

公開日:2月21日
シネマート新宿、他全国順次公開
D.O.(EXO)のタップダンスが炸裂する!
捕虜収容所に結成された混成ダンスチームの物語

1951年。朝鮮戦争時代に最大の捕虜収容所があった巨済島で、米軍のタップダンサーがリーダーとなって南北混成のダンスチームが作られる。北の問題児でありながら、抜群の身体能力を持つ青年がダンスを通じて変化していく様を描く。監督は『サニー 永遠の仲間たち』のカン・ヒョンチョル。世界最高峰のタップダンサーで俳優のジャレッド・グライムスを迎え、主演のD.O.(EXO) が見事なタップダンスを披露している。その他のメンバーはパク・ヘス、オ・ジョンセ、キム・ミノ。戦争を背景にしたノスタルジーの結末は甘くないが、ダンスシーンは見応えあり。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

プレーム兄貴、王になる(Prem Ratan Dhan Payo)2015/インド

プレーム兄貴、王になる

公開日:2月21日
新宿ピカデリー、他全国順次公開
お家騒動で瀕死の重傷を負った王族の王位継承者
彼と瓜二つの善良な役者が王家と婚約者の心を救う

皆に兄貴と慕われる貧乏役者。寄付金を届けにでかけた街で、暗殺事件に巻き込まれた王位継承者の替え玉になることに。彼の真っ直ぐな心が様々な問題を溶かしていくのだが。豪華絢爛な世界を背景に歌と踊りたっぷりで描かれる王道インド映画。監督はスーラジ・バルジャーティヤ。主演は『バジュランギおじさんと、小さな迷子』で日本でも人気上昇したサルマン・カーン。王族と役者の二役を演じ分けている。婚約者役はソーナム・カプール。王族の弟役はニール・ニティン・ムケーシュ(『サーホー』)。最後まで善意に溢れた展開で、安心して楽しめる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

巡礼の約束(阿拉姜色/Ala Changso)2018/中国

巡礼の約束

公開日:2月8日
岩波ホール、他全国順次公開
妻の突然のラサ巡礼に付き添う夫と前夫の息子
大自然の中で描かれる夫婦と親子の愛憎と癒しの旅

夢を見た妻が、聖地ラサへ五体投地で巡礼の旅に出る。母を慕う亡夫の息子と、妻の重病を知った今の夫が引留めようとするが、共に旅を続ける。妻の固い決意の裏にあるのは…。チベットの圧倒的な風景を背景に描かれる複雑な夫婦愛、親子愛の物語。故郷を愛する歌手のヨンジョンジャが企画し、自ら主演。ソンタルジャ監督が作家のダシダワと共同脚本で映画化した。妻役はニマソンソン、息子役を「目」の強さで選ばれたスィチョクジャが演じている。旅と共にチベット文化や風習、死生観が丁寧に織り込まれ、主人公の心情が胸を打つ。親切な村人役でジンバも出演。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王(無雙/Project Gutenberg)2018/香・中

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王

公開日:2月7日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
あなたはどこまで真実を見抜けるか?!
チョウ・ユンファ完全復活で描く迷宮アクション

タイで逮捕された国際的な偽札製造集団の男が香港警察へ移送される。怯える彼はかつて画家志望だったこと、「画家」と名乗る男に誘われ偽札製造に関わったことを話し始めるのだが。主人公の過去をたどるうちに、予想外の結末に導かれる異色犯罪サスペンス。脚本家として知られるフェリックス・チョンが脚本・監督をつとめ、チョウ・ユンファ、アーロン・クォックの2大スターがダブル主演。チョウ・ユンファは名作『男たちの挽歌』を彷彿とさせるイメージで登場し、完全復活を印象づけた。運命の女を演じるのはチャン・ジンチュー。衝撃結末にリピート必至!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ゴールデン・ジョブ 黄金兄弟(黄金兄弟/Golden Job)2018/香港

公開日:2月7日 新宿武蔵野館、シネマート心斎橋

淪落の人(淪落人/Still Human)2018/香港

淪落の人

公開日:2月1日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
人生のどん底で出会った二人の夢と未来とは?
垣根を超えた人間同士の絆が紡ぐ人生賛歌

事故で半身不随になった男のもとに、介護士経験のある若いフィリピン人女性が住込メイドとして雇われる。言葉が通じずぎこちない日々が続くが、やがて互いを理解するようになり…。人生に挫折した中年男と若い女性が再び夢に向かって輝き始めるヒューマンドラマ。脚本も手がけた新人監督オリヴァー・チャンの長編デビュー作品で、フルーツ・チャン監督が製作を担当している。主演は香港映画界の重鎮アンソニー・ウォン。歌手で舞台女優のクリセル・コンサンジがメイド役で映画デビューを飾り、今や中年となったサム・リーも味わい深い演技を見せている。
▼舞台挨拶 ▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

無垢なる証人(証人/ Innocent Witness)2019/韓国

無垢なる証人

公開日:1月24日
シネマート新宿、心斎橋
国選弁護人と殺人事件を目撃した自閉症の少女
温かい交流を通じて真実が浮かび上がる!

殺人事件の国選弁護人になった元人権派の弁護士。目撃者である自閉症の少女と意思疎通を工夫する中で、自分の生き方を見直し真実に近づいていく。人生に揺れ動く弁護士が無垢な少女との出会いで人間としての本分に立ち返るヒューマン法廷サスペンス。シナリオ大賞を受賞した脚本を社会派のイ・ハン監督が映画化した。主演はジャンルを問わず活躍するチョン・ウソン。少女を子役から演技派女優へ成長中のキム・ヒャンギが繊細に演じる。ヒール役が続いたチョン・ウソンが久々に正統派の平凡な男を演じ、青龍映画賞など主要映画賞で見事、主演男優賞を受賞した。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

コンプリシティ 優しい共犯(Complicity)2018/日・中

コンプリシティ 優しい共犯

公開日:1月17日
新宿武蔵野館、他全国順次l公開
不法滞在者となってしまった中国人青年と
後継者を探す蕎麦職人との魂の出会い

劣悪な労働環境から逃げ出し不法滞在者になった中国人青年が、他人になりすまして蕎麦職人の店に住み込みで働き始める。平穏な日々に追っ手が迫るが…。外国人労働者の実態に衝撃を受けた近浦啓監督が、1つの人間的な希望を提示してみせた力強い長編デビュー作。世界の映画祭で上映され、東京フィルメックスでは観客賞を受賞した。主演は『孔雀ー我が家の風景ー』で俳優デビューしたルー・ユーライ。彼を優しく見守る一徹な蕎麦職人を名優の藤竜也が演じる。真摯に技を磨く職人の姿に、自分の生き方を見直した青年がくだす決断と未来を応援したい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

パラサイト 半地下の家族(寄生虫/Parasite)2019/韓国

パラサイト 半地下の家族

公開日:1月10日
TOHOシネマズ日比谷、他全国ロードショー
失業中の家族全員が高台の豪邸で職を見つけるが
家主も家族も予想外の事態に巻き込まれていく

半地下の家に住む貧しい4人家族。浪人中の息子が友人に紹介され、高台の豪邸で家庭教師を始める。息子は一計を案じ、家族全員が働けるようになるのだが。昨年のカンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞。アカデミー賞の前哨戦となるゴールデングローブ賞でも外国語映画賞に輝いたポン・ジュノ監督の最新作。格差社会を背景に、ミステリアスで予想外の展開が待ち受ける。主演はソン・ガンホ。家族をチャン・ヘジン、チェ・ウシク、パク・ソダム、豪邸の家主をイ・ソンギュンとチョ・ヨジョンが演じる。本作はネタバレ禁止。生存競争の悲喜劇を体感しよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

エクストリーム・ジョブ(極限職業/Extreme Job)2019/韓国

エクストリーム・ジョブ

公開日:1月3日
シネマート新宿、他全国順次公開
解散寸前の麻薬捜索班がチキン屋に扮して一発逆転
哀感と笑撃で麻薬王たちを追い詰める!

実績ゼロで解散寸前の麻薬捜査班5人組。昇進した後輩の情報で、麻薬取引の大物を監視するためアジト近くのチキン屋を買い取るが、店が繁盛してしまう。コメディ感覚が抜群のイ・ビョンホン監督が放つ痛快アクションコメディ。警察とチキン屋という異業種を組合せ、予測不能な展開と軽快なテンポでユニークな作品に仕上げた。主演はリュ・スンリョン、イ・ハニ、チン・ソンギュ、イ・ドンフィ、ジェフン。冷徹な麻薬王にシン・ハギュンと豪華な顔ぶれ。特に水原カルビチキンを生み出すチン・ソンギュが可笑しい。香港映画ファンには嬉しい驚きもあり。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

マニカルニカ ジャーンシーの女王
(Manikarnika The Queen of Jharnsi)2019/インド

*1/3より新宿ピカデリーにて2週間限定公開中。  ▼公式サイト

虐待の証明(ミス・ペク/Miss Baek)2018/韓国

*1/3よりシネマート新宿「のむコレ」にて上映中。  ▼「のむコレ3」公式サイト

燃えよスーリヤ!(Mard Ko Dard Nahi Hota)2018/インド

燃えよスーリヤ!

公開日:12月27日
TOHOシネマズ シャンテ、他全国公開
生まれつき痛みを感じず過保護に育った青年
映画で身につけたカンフー技で悪に挑んでいく

先天性無痛症で生まれた少年が、命を守るためアクション映画を見て育ちカンフーを習得。成長して憧れの空手マンに出会うのだが‥。インド映画界から、またまた新種の作品が登場!アクション映画への愛に溢れたファンタジー要素の強い異色アクションで、不思議な感覚が味わえる。監督は脚本家として腕を磨いたヴァーサン・バーラー。主演は2世俳優のアビマニュ・ダサーニー。幼なじみの女性をラーディカー・マダン。双子の空手マンをグルシャン・デーヴァイヤーがまるで別人のように演じ分けている。水タンクを背負ったイケメンヒーローは斬新で熱い。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

サイゴン・クチュール(Co Ba SaiGon)2018/ベトナム

サイゴン・クチュール

公開日:12月21日
ユーロスペース、ほか全国順次公開
60年代のミス・サイゴンが現代にタイムスリップ
未来の自分と母の伝統アオザイ店の窮地を救う

1969年にミス・サイゴンに選ばれファッションを牽引していた若い女性が、突然、現代へタイムスリップ。怠惰な自分のせいで閉店してしまった母のアオザイ店を立て直す。伝統的なアオザイを嫌っていた女性が母の偉大さを知って現代で変身。母との絆を取り戻す感動のヒューマンドラマ。監督はアメリカや日本で映像を学んだグエン・ケイとチャン・ビューロック。主演は人気女優のニン・ズーン・ラン・ゴック。母親役をプロデューサーも兼ねる女優のゴ・タイン・バンがクールに演じている。自分の力で未来を変えた女性の新たな出発、その後も気になる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ある女優の不在(3 Faces)2018/イラン

ある女優の不在

公開日:12月13日
ヒューマントラストシネマ渋谷、他全国順次
有名女優の元に届いた女優志望の娘からの衝撃動画
事件の背景で3世代の女優たちの時代が描かれる

女優志望の娘が将来を悲観して自殺を匂わせる映像を撮影。監督から自分宛の映像を見せられた人気女優は衝撃を受け、真相を探るため監督と彼女の村へ向かう。映画製作禁止処分を受けながら、数々の意欲作を発信し続けるジャファル・パナヒ監督の最新作。監督が運転する車で女優ベーナズ・ジャファリが向かうのは、監督の故郷でもある村。高感度カメラで夜間の屋外撮影もするなど、今回はより自由な撮影が可能になっている。若い娘を演じるのは監督が発掘した新人マルズィエ・レザエイ。村へ続く曲りくねった道に、3世代の女優の人生が象徴されている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

台湾、街かどの人形劇(紅盒子/Father)2018/台湾

台湾、街かどの人形劇

公開日:11月30日
ユーロスペース、ほか全国順次公開
李天禄の長男、陳錫煌が辿った複雑な半生を
布袋戯の命運と共に描くドキュメンタリー

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督作品で知られる布袋戯の人間国宝、李天禄(リー・ティエンルー)の長男として生まれた陳錫煌(チェン・シーホァン)。養子先の母方の姓を継いだため、父の技術を受け継ぎながらも親子関係に溝があり独自の道を選ぶ。父亡き後、父の劇団を継いだ弟と共に布袋戯の復興と存続に奔走する姿を、親子関係や弟子たちの証言を交えながら綴ったドキュメンタリー。ホウ・シャオシェンが監修し、ドキュメンタリー映画で活躍するヤン・リージョウが監督した。存続を危惧する姿が痛ましいが、文化遺産として演じ継がれることを祈りたい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

幸福路のチー(幸福路上/On Happiness Road)2017/台湾

幸福路のチー

公開日:11月29日
新宿シネマカリテ、ほか全国順次公開
アメリカから台北に帰省した人生の岐路にある女性
少女時代と幸福路での思い出から得た物とは

悩みを抱えたまま祖母の葬儀でアメリカから台北の実家に帰ってきた女性。変貌した風景の中で少女時代の自分を思い出し、古い友人や亡き祖母に導かれて大切なものを見つけ出していく。京都とアメリカで映画を学んだソン・シンイン監督の半自伝的物語。シリアスなテーマをノスタルジーに乗せて描くため、4年がかりでアニメーションとして完成させ、世界各地で大きな評価を得た。独特なタッチの画風も魅力だが、グイ・ルンメイなど声優陣の豪華さもポイント。さらにテーマソングを幸福路の近くで育ったジョリン・ツァイが歌っており、台湾ファンは必見。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

EXIT イグジット(イグジット/EXIT)2019/韓国

EXIT イグジット

公開日:11月22日
新宿武蔵野館、ほか全国順次公開
再会した日に毒ガステロに遭った元山岳部の2人
ドローンに見守られ超高層タワービルを目指す

訓練は欠かさないが就職が決まらないニート青年が、両親の金婚式祝いで山岳部で一緒だった女性と再会。製薬会社への報復テロで有毒ガスが街に蔓延し、高みを目指す逃避行が始まる!山岳部で鍛えたボルダリング力と腕力、勇気と度胸で、救出されるまで上へ上へのスリリングな逃亡が続くサバイバル・パニック。監督&脚本はこれが長編デビュー作となるイ・サングン。主演はドラマと映画で活躍するチョ・ジョンソク。学生時代からのマドンナ役をユナが演じる。韓国では19年夏に累計動員数940万人を突破。『新感染』に続く人気パニック作品となっている。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

テルアビブ・オン・ファイア(Tel Aviv On Fire)
2018/ルクセンブルグ・仏・イスラエル・ベルギー

テルアビブ・オン・ファイア

公開日:11月22日
新宿シネマカリテ、ほか全国順次公開
人気ドラマの脚本家になったパレスチナ人青年に
検問所のイスラエル軍司令官が注文をつけてくる

エルサレムに住むパレスチナ人青年が人気ドラマの言語指導で撮影所に通うことに。イスラエルの検問所で毎日、妻がドラマファンの司令官に呼び出され、次第にドラマの脚本が変わっていく。女スパイが主人公の人気ドラマを巡り、様々な思惑が交錯しながら予想外のラストになだれ込む痛快コメディ。脚本&監督は新人のサメフ・ゾアビ。主人公をカイス・ナシェフ、司令官役をTIFFで監督と来日したヤニブ・ビトンが演じている。民族間の対立を明るく笑い飛ばす展開に爽快感があり。現実もこういくとよいのだが。ヒヨコ豆の伝統的フムスを食べてみたくなる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

盲目のメロディ インド式殺人協奏曲(Andhadhun)2018/インド

盲目のメロディ

公開日:11月15日
新宿ピカデリー、ほか全国順次公開
盲目のピアニストが目撃した殺人事件の顛末
果たして彼は見えているのか見えていないのか?

芸術のため盲目のフリをして人気を博していたピアニストが依頼演奏先の俳優宅で殺人事件を目撃。気づかないフリをして切り抜けるが、通報しに行った警官が殺人犯だったため追われるはめに。予想外の展開が続いて最後まで楽しめるサスペンスコメディ。米ロッテントマトで満足度100%に輝き世界でも大ヒットした。監督はシュリラーム・ラガヴァン。難しい主演を演じるのはインドのトップ・コメディアン、アーユシュマーン・クラーナー。彼を追い詰める人妻を国際的に活躍するタブー。恋人役でラーディカー・アープデーも出演している。さて真実はいかに!?
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

あなたを、想う。(念念/Murmur Of The Hearts)2015/台・香

あなたを、想う。

公開日:11月2日
渋谷ユーロスペース、ほか全国順次公開
幼い頃に生き別れた兄と妹、その恋人
それぞれの心の声を幻想的に描く現代の寓話

美しい離島で育った兄と妹。妹は母に連れられ本土に渡り画家に。父と残った兄は観光ガイドに。妹の恋人はボクサーだが選手生命を絶たれてしまう。3人の主人公の親への思慕をファンタジックな映像を交えて丁寧に掬い取った美しい作品。台湾で活躍する陰山征彦の脚本をシルヴィア・チャン監督が映画化した。主演はイザベラ・リョン、チャン・シャオチュアン、クー・ユールン。母親をリー・シンジェが演じ、蔭山征彦もチラッと登場する。それぞれの心情に沿ったエピソードは魔法のようでもあり、温かい。素敵なラストに感動すること間違いなし。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

象は静かに座っている(大象席地然坐/An Elephant Sitting Still)2018/中国

象は静かに座っている

公開日:11月2日
1/3よりアップリンク吉祥寺、他にて公開中
閉塞感に満ちた4人の人生を丁寧に掬い取り
絶望の中にある微な光を綴った奇跡の234分

高校生の男女、ヤクザ、老人。様々な理由で人生に行き詰まりを感じる4人の運命が交錯し、出会いと逃避行を続ける中で微な光を追い求めていく寓意的物語。廃れた炭鉱の田舎町を背景に、発展する中国の裏側に生きる人々に寄り添い、クローズアップで彼らを追い続ける。監督はこれが長編デビュー作にして遺作となってしまったフー・ボー。主演はチャン・ユー、ポン・ユーチャン、ワン・ユーウェン、リー・ツォンシー。4時間近い長尺ながら、力強い映像と大胆な展開、キャラクターの魅力で最後まで飽きさせない。ここに光があるかどうかは観客の心次第だ。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

新聞記者(Shinbun Kisha)2019/日本

新聞記者

公開日:6月28日
新宿ピカデリー、他全国ロードショー
真実を探る女性新聞記者に届いた驚愕の告発と
仕事に疑念を持ち協力した若きエリート官僚の苦悩

父の自殺に疑念を抱き、日本で新聞記者となった女性のもとに、内閣府がらみの疑惑文章が届く。一方、外務省から内閣情報調査室へ出向となった青年は、かつての上司の自殺を調べるうちに同じ疑惑に突き当たり…。新聞記者と若き官僚を軸に、政府がらみの事件と隠蔽工作に鋭く切り込んだ社会派サスペンス。東京新聞社の女性記者による同名原作をもとに、若手の藤井道人監督がフィクションとして映画化。主人公をシム・ウンギョンと松坂桃李が熱演している。家族や自分の命がけの選択を迫られた時、人は正義を貫くことができるか? 深く考えさせられる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト


cinema information

●『パラサイト 半地下の家族』IMAX&モノクロ ver. 上映決定!(5/23)
第92回アカデミー賞で外国語映画として初めての作品賞を受賞、さらに監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の最多4冠に輝いたポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』が、IMAXとモノクロVer.で劇場公開されることが決定。IMAX上映は、IMAX仕様にあわせるためデジタルリマスターされたバージョン。臨場感がより際立ち、映画の吸引力を濃厚に感じられる映像体験が劇場で楽しめる。モノクロ版はポン・ジュノ監督がモノクロ映画時代の巨匠たちにオマージュを捧げ、また自分もクラシックの仲間入りをしてみたいという夢を実現してみたもの。次のようなメッセージを寄せている。

「同じ映画がモノクロになることで、鑑賞体験がどれだけ変わるものか、面白く感じていただけると思います。私は今まで二度このバージョンを観ていますが、初めは寓話のように感じられ、まるで昔の物語を見ているかのような不思議な感覚になりました。二度目は、映画がより現実的で鋭く感じられ、まるで刃物で切りつけられるかのようでした。俳優たちの演技がさらに際立ち、より登場人物を中心に映画が展開しているようにも思えました。観客のみなさんが、カラー版の鑑賞体験と比較しご自身の『パラサイト』モノクロ版の鑑賞方法を見つけてくれたら嬉しいです」(ポン・ジュノ)
*モノクロ版の予告編映像はこちら。(限定公開)

なお、公開日は劇場再開後に向けて調整中。(改めてご案内します。)
更新日:2020.5.23
back numbers
2004200520062007
2008200920102011
2012201320142015
2016201720182019
2020
back to cinema top

comming soon movie

アジア関連映画(公開予定)
--------------------
*5月配信中・配信予定
タゴール・ソングス(日本)
凱里ブルース(中国)
--------------------
*5/22から公開(再開地域)
新喜劇王(香・中)
--------------------
*6月公開(予定)
燕 Yan(日本)
はちどり(韓国)
追龍(香港)
悪の偶像(韓国)6/26
あなたの顔(台湾)
--------------------
*7月公開(予定)
悪人伝(韓国)
--------------------
*8月公開(予定)
死霊魂 Dead Souls
(仏・スイス)
ディヴァイン・フューリー/使者(韓国)
--------------------
*9月公開(予定)
ブリング・ミー・ホーム(韓国)
--------------------
*10月公開(予定)
薬の神じゃない!(中国)
--------------------
*近日公開
がんばれ!チョルス(韓国)
長沙里9.15(韓国)
君の誕生日(韓国)
ムーラン(米)
--------------------
*延期(時期未定)
イップ・マン 完結(中・香)
色男ホ・セク(韓国)
マルモイ ことばあつめ(韓国)
鵞鳥湖の夜(中国)
未成年(韓国)
フェアウェル(米)
きっと、またあえる(インド)
フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話(中国)
シャドウプレイ(中国)
夢の裏側〜ドキュメンタリー・オブ・シャドウプレイ(中国)
サタデー・フィクション(中国)
椿の庭(日本)

韓国テレビドラマコレクション 韓国テレビドラマコレクション2020
放送中の最新作から名作までを網羅。

(2310円/ キネマ旬報社)

インド映画完全ガイド インド映画完全ガイド
注目のインド映画話題作から最新作・俳優たちを紹介!

(2160円/世界文化社)

華流テレビドラマコレクション2017-2018 華流テレビドラマコレクション2017-2018
華流ドラマの歴史から新作まで!

(1728円/ キネマ旬報社)

映画祭&特集上映
台湾巨匠傑作選2020(9月)

アジア映画に詳しい雑誌

中華電影データブック完全保存版 中華電影データブック完全保存版
俳優スタッフから作品まで網羅!待望の本!

(3780円/キネマ旬報社)

中国時代劇で学ぶ中国の歴史 中国時代劇で学ぶ中国の歴史
この1冊で、今日からあなたも中国歴史ツウ!

(1728円/ キネマ旬報社)

cinema journal シネマジャーナル102号
年刊第2号「映画祭特集」
(800円/テス企画)

●映画祭公式サイト
・ゆうばり国際
 ファンタスティック映画祭

 (2020.8/28-9/1)
・大阪アジアン映画祭
 (2020.3/6-15)
・沖縄国際映画祭
 (2020.4/16-19)変更有
・香港国際映画祭
 (2020.3/24-4/6)延期
・ショートショート・フィルムフェスティバル&アジア2020
 (2020.)
・福岡アジア映画祭
 (2019.7/5-7)
・関西クィア映画祭
 (2021年開催予定)
・レインボー・リール東京
 〜東京国際レズビアン&
 ゲイ映画祭〜

 (2021年開催予定)
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
 (2020.9/26-10/4)
・アジアフォーカス
 福岡国際映画祭

 (2019.9/13-19)
・釜山国際映画祭
 (2020.10/7-16)
・山形国際ドキュメンタリー
 映画祭

 (2019.10/10-17)
・ドキュメンタリードリーム
 ショー山形 in 東京2018

 (2018.10/6-26)
・京都国際映画祭
 (2019.10/17-20)
・2019上海・日本映画週間
 (2019.6/15-24)
・東京国際映画祭
 (2020.10/31-11/9)
・京都ヒストリカ国際映画祭
 (2019.10/26-11/4)
・東京フィルメックス2020
 (2020.11月)
・中国インディペンデント映画祭
 (2015.12/12-27)

●アジア情報ウェブマガジン
・アジア映画巡礼
・シネマジャーナルWEB
・銀幕閑話
・アジアンパラダイス
・WEB POPASIA

●アジアの映画が観られる映画館
・シネマート新宿・心斎橋
・新宿武蔵野館
・キネカ大森
・ヒューマントラストシネマ渋谷
・ヒューマントラストシネマ有楽町
・渋谷ユーロスペース
・シアターイメージフォーラム
・恵比寿ガーデンシネマ
・新宿ピカデリー
・アップリンク渋谷
・ポレポレ東中野

●アジアの映画が豊富なお店
・TSUTAYA
 (新宿・中野店がおすすめ)

yesasia

新作・未公開作DVD&VCD!