logo


ASICRO CINEMA

新作ラインナップ

マルリナの明日
(Marlina the murder in four acts)2017/インドネシア・仏・マレーシア・タイ

マルリナの明日

公開日:5月18日
ユーロスペース、他全国順次公開
悪いやつらに正義の刃を振りかざす女たち
新鋭女性監督が描く痛烈ナシゴレン・ウエスタン

荒野の一軒家。夫と息子を亡くした美しい未亡人の家に泥棒一味がやって来る。彼らは女を強姦しようとするが、彼女はおそるべき反撃に出る。ステレオタイプな女の定義を逆手にとって、傲慢で身勝手な男たちに鉄槌をくだす女たちをマカロニ・ウエスタン調で描いた作品。4章構成になっている。監督はインドネシアの新鋭女性監督モーリー・スリヤ。名匠ガリン・ヌグロホ監督から原案を託された。スンバ島に生きる逞しい女を演じたのはマーシャ・ティモシー(『ザ・レイド GOKUDO』)とデア・パネンドラ。多様性に富むインドネシア映画界の息吹を感じよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

最果てリストランテ(-----)2018/日本

最果てリストランテ

公開日:5月18日
池袋シネマロサ、他全国順次公開
人生の最後に一緒に食事したい人は誰ですか?
不思議なレストランで出会う大切な人と思い出の味

記憶を失くした二人の青年が営むレストランに、さまざまな人たちがやって来る。三途の川を渡る前に、すでに亡くなっている一番会いたい人と食事ができるのだ。メニューは二人にとっての思い出の料理だった。写真と朗読で構成された「フォトシネマ朗読劇 最果てリストランテ」の映画化作品。脚本の松田圭太が映画用に新たな脚本を書き下ろし、監督も務めている。主演も舞台と同じく村井良大がギャルソン、MYNAMEのジュンQ(ジュンキュ)がシェフを演じ、スクリーンデビューを飾っている。様々な人生に素朴な料理と温かい眼差しが注がれ、癒される。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

リトル・フォレスト 春夏秋冬(Little Forest)2018/韓国

リトル・フォレスト 春夏秋冬

公開日:5月17日
シネマート新宿、他全国ロードショー
山深い故郷に逃れてきた若い女性を癒していくのは
母に教わった手作り野菜と四季折々のやさしい味

憧れの都会生活に挫折し、こっそり田舎の家に戻ってきた若い女性。誰もいない家で四季折々の思い出の料理を作り、自給自足生活に。旧友たちと談笑する中で心と身体が癒されていく。五十嵐大介の同名人気コミックを、日本に続いて映画化した作品。日本版では料理に焦点をあて春夏秋冬が2作品で完結するが、韓国版では1本に四季の変化を集約。韓国ならではの料理に登場人物のストーリーを練りこんで、新たな脚色を施している。監督はイム・スルレ。四季に応じた4つの撮影で主演したのはキム・テリ。新たなリトル・フォレストでの四季と味を堪能しよう。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ザ・フォーリナー/復讐者(The Foreigner)2017/英・中・米

ザ・フォーリナー/復讐者

公開日:5月3日
新宿ピカデリー、他全国ロードショー
ジャッキー・チェン×ピアース・ブロスナン !!
テロリストに娘を殺された男の孤独な闘い

ロンドンに暮らす初老の中国人がテロリストによる爆破事件で娘を殺され、自分の手で犯人を罰するため、北アイルランドの副首相に執拗に迫っていく。原作はスティーヴン・レザーの「チャイナマン」。007シリーズの傑作(『ゴールデンアイ』『カジノ・ロワイヤル』)を手がけたマーティン・キャンベル監督の手により、複雑な歴史背景や人間関係の中で繰り広げられる濃密でスリリングな大人のドラマに仕上がっている。主演はジャッキー・チェンとピアース・プロスナン。アクションシーンは健在だが、2大スターによるどシリアスな演技対決に注目したい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

ペガサス 飛馳人生(飛馳人生/Pegasus)2019/中国

ペガサス  飛馳人生

公開日:5月3日
TOHOシネマズ日比谷、他全国順次公開
5年前にレース界を追放されたチャンピオンが復活
かつての仲間たちと超絶ラリーに挑む

訳あって5年間の出場停止処分を受けていた元チャンピオンが、再びラリーへ挑むため、かつての仲間たちと孤独な闘いへ向かっていく。ラリーの世界を舞台に、落ちぶれた男が再起をはかり、難レースに挑むカーアクション・コメディ。今年の春節映画として公開され、驚異の大ヒットを記録した。監督・脚本は『いつか、また』のハン・ハン。主演は中国のトップ・コメディ俳優シェン・トン。若手チャンピオンをホアン・ジンユーが演じている。主題歌を歌うのはMaydayのアシン。レーサーでもある監督の経験が活かされ、見どころもたっぷり。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

芳華(芳華/Youth)2017/中国

芳華

公開日:4月12日
新宿武蔵野館、他全国順次公開
文化大革命時代末期に花開いた青春の光と影
文芸工作団で出会った男女たちのそれぞれの人生

1970年代に文芸工作団で出会った8人の男女の恋と夢、その後の人生を、中越戦争も交えて時代の変遷と共に描いた年代記。原作・脚本は数々の文学賞、映画賞に輝くゲリン・ヤン。監督は中国一のヒットメイカーでもある名匠フォン・シャオガン。共に文芸工作団で青春時代を過ごした思いを映画に託した。中心となる二人を演じるのはホアン・シュエン(『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』)とミャオ・ミャオ。その他、チョン・チューシー、ヤン・ツァイユー(『夏、19歳の肖像』)など若手人気スターがずらり。苛酷な運命に翻弄されても青春の輝きは胸に残る。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

Be With You 〜いま、会いにゆきます
(いま、会いにゆきます/Be With You)2018/韓国

Be With You 〜いま、会いにゆきます

公開日:4月5日
シネマート新宿、他全国順次公開
雨の季節に亡くなったはずの妻が帰ってきた…
日本映画の名作を豪華キャストでときめきリメイク!

雨の季節に戻ってくると約束して1年前に亡くなった妻。幼い息子に残した手作り絵本と同じ場所に妻が本当に現れるが、彼女は記憶を失くしていた。3人は再び共に暮らし始めるが…。2004年に竹内結子&中村獅童主演で映画化され大ヒットした同名作品が、共に人気・実力を兼ね備え日本でもファンの多いソン・イェジン&ソ・ジソプ主演で映画化が実現した珠玉のラブストーリー。監督は本作で長編デビューを飾ったイ・ジャンフン。8年前に原作に出会った感動を見事に映像化した。韓国版ならではの演出も味わい深く、再び同じ感動が味わえる。運命の愛に涙。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

家族のレシピ(情牽拉麺茶/Ramen Teh)2018/シンガポール・日・仏

家族のレシピ

公開日:6月15日
下高井戸シネマ(他、全国順次公開中)
父が遺した亡き母の日記と思い出の味を求めて
シンガポールへ旅立った青年が見つけた料理とは?

高崎の人気ラーメン店。頑固で不愛想な父が急逝し、息子は亡き母の日記に書かれた秘密と家族の思い出の味を求めて母の故郷シンガポールへ旅立つ。日本とシンガポールの外交関係樹立50周年を記念して作られた作品。シンガポール映画界を牽引するエリック・クー監督が「食」をテーマに家族のドラマを描き、両国の国民食であるラーメンとバクテーを合わせた料理が誕生した。主演は斉藤工。父を伊原剛志、母をジネット・アウが演じ、叔父役のマーク・リーが味わい深い。監督が大ファンという松田聖子が現地在住のフードブロガーとして出演しているのも見どころ。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼監督取材

イップ・マン外伝 マスターZ
(葉問外傳 張天志/Master Z:The Ip Man Legacy)2018/香港・中国

イップ・マン外伝 マスターZ

公開日:3月9日
桜坂劇場(5/11-31)
香港アクションはマックス・チャンの時代へ!
立ちはだかる悪にチョン・ティンチの詠春拳が炸裂

イップ・マンとの闘いに敗れて武術界を去り、息子と穏やかな生活を送っていたチョン・ティンチ。黒社会の手下に追われた女性を助けたことから騒動に巻き込まれ、巨悪を相手に闘いを挑むことになる。香港映画界における武術監督のレジェンド、ユエン・ウーピン監督が自らメガホンを執り、自身のチームで育てた愛弟子マックス・チャンを主演に完成させた究極の武術アクション。ミシェル・ヨー、トニー・ジャー、デイブ・バウティスタなどなど、豪華共演陣にアクションファンは見逃せない作品となっている。新世代アクションスター、マックス・チャンに注目!
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

君の結婚式(君の結婚式/On Your Wedding Day)2018/韓国

君の結婚式

公開日:3月1日
小山シネマロブレ(5/25-6/7)
初恋の彼女との10年以上にわたる思い出を綴る
甘くてほろ苦い青春ラブストーリー

体育教師となった青年の元に結婚式の招待状が届く。彼女と出会ったのは高3の夏。高校、大学、社会人と、出会いと別れを繰り返しながら彼女を追いかけた日々がよみがえる。初恋映画の金字塔『あの頃、君を追いかけた』を彷彿とさせる、おばかなボクと憧れの彼女の初恋の変遷を描いたラブストーリー。共通点もあるがストーリーは独自な展開になっており、韓国ではあの『建築学概論』を超える最速大ヒットを記録した。監督はイ・ソックン。主演はパク・ボヨンとモデル出身のキム・ヨングァン。恋の強力なライバル役でイケメンのソン・ジェリムも特別出演。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

金子文子と朴烈(朴烈/Anarchist from the colony)2017/韓国

金子文子と朴烈

公開日:2月16日
シアター・イメージフォーラム、他全国順次
植民地時代に出会った無政府主義の男と女が
大逆事件に乗じて権力に立ち向かっていく

植民地時代の1923年に日本で働きながら詩を綴り、無政府運動に傾倒していた朴烈(パクヨル)と、彼を慕い行動を共にした金子文子。関東大震災後の動乱を鎮めるため逮捕された彼らは、大逆罪で裁判を受けることになる。『王の男』『ソウォン/願い』など、話題作を作ってきたイ・ジュンイク監督が実在の人物とその事件に迫った歴史大作。無政府主義でありながら投獄された二人の無鉄砲な情熱と純愛を描く。主演は若手演技派スターのイ・ジェフンと、『空と風と星の詩人 尹東柱の生涯』で注目されたチェ・ヒソ。その存在感ある演技は絶賛された。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

山 <モンテ>(Monte/Mountain)2016/伊・米・仏

山 <モンテ>

公開日:2月9日
アップリンク吉祥寺、他全国順次公開
忌わしい宿命を断ち切る決意をした家族は
怒りをこめて立ちはだかる岩壁を穿つ

中世イタリアの山岳地帯。山に遮られた日陰の地で祖先の墓を守りながら代々暮らしてきた男が、貧困や村人からの偏見・差別に耐えられなくなり、その怒りを立ちはだかる山へ向けていく。現代イラン映画の巨匠アミール・ナデリ監督が究極の限界突破を描いた作品。念願のオールイタリア・ロケを実現させ、宗教画のような美しい映像で撮影されている。肉体的にもハードな主人公を体当たりで演じたのはアンドレア・サルトレッティ。妻役のクラウディア・ポテンツァも印象深い。自然を相手に闘う家族にどんな奇跡が起こるか、スクリーンで体感して欲しい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

誰がための日々(一念無明/Mad World)2016/香港

誰がための日々

公開日:2月2日
元町映画館(5/18−31)他、順次公開中
介護中に母を亡くして精神を病み復帰した青年と
家族から逃げていた父親が、その絆を取り戻すまで

母の介護で躁うつ病になってしまった青年と彼を取り巻く人々の偏見、恋人や父親との関係と葛藤をリアルに描いた人間ドラマ。政府主導の新人発掘プロジェクトで製作されたウォン・ジョン監督の長編デビュー作で、香港では大ヒット。海外でも高い評価を受けた。主演はショーン・ユーとエリック・ツァン。低予算の作品だが、脚本に感銘した二人はノーギャラで出演している。また介護される母親の苦悩を、ベテラン女優のエレイン・ジンが見事に体現した。返還後の香港の社会的歪みも映し出されている。身近なテーマゆえにじっくりと深く味わいたい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

バーニング 劇場版(バーニング/Burning)2018/韓国

バーニング 劇場版

公開日:2月1日
TOHOシネマズ シャンテ 他全国公開
世界が驚いた巨匠イ・チャンドン8年ぶりの渾身作
村上春樹の原作を大胆に改編した謎の到達点とは?

幼なじみと再会した小説家志望の青年。彼女に好意を持つが、旅行から帰った彼女は裕福な青年と親しくなっていた。3人で何度か会ううちに、その青年が謎めいたことを言う。NHKが立ち上げたプロジェクトで、村上春樹の82年の短編小説「納屋を焼く」を巨匠イ・チャンドン監督が大胆に翻案。現代韓国社会に潜む問題を織り込んだオリジナルな作品に仕上げ、カンヌ映画祭で絶賛された。主演は若手演技派のユ・アイン、アメリカで活躍するスティーブン・ユァン、新人女優のチョン・ジョンソ。テレビでの95分版では見られなかった驚愕の結末が描かれる。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト ▼会見

ヴィクトリア女王 最期の秘密(Victoria & Abdul)2017/英・米

ヴィクトリア女王 最期の秘密

公開日:1月25日
Bunkamuraル・シネマ、他全国公開
晩年のヴィクトリア女王の人生を輝かせた
インド人青年との秘められた友情実話

1887年、ヴィクトリア女王は即位50周年記念式典でインドからやってきた青年アブドゥルと出会い、孤独な心を癒される。女王は彼を身近に置き、年齢や身分を超えた絆を育んでいくが、周囲の目は厳しく王室を揺るがす大騒動となる。残された日記からこの物語を発見したシュラバニ・バスの原作を、名匠スティーヴン・フリアース監督が映画化。隠されていたヴィクトリア女王晩年のときめきと友情を描く。『Queen Victoria 至上の恋』(97) に続いてヴィクトリア女王を演じるのはジュディ・デンチ。アブドゥル役は『きっと、うまくいく』(09) のアリ・ファザル。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト

バジュランギおじさんと、小さな迷子(Bajrangi Bhaijaan)2015/インド

バジュランギおじさんと、小さな迷子

公開日:1月18日
新宿ピカデリー、他全国順次公開
天使のような迷子はパキスタンから来た少女!
宗教や国境を越えて響く700キロの旅の感動ドラマ

願掛けで母とインドのお寺を訪れたパキスタンの少女がはぐれ、インドに取り残される。親切な青年に救われ、彼は彼女をパキスタンに返そうと奔走するが。対立が続くインドとパキスタンの宗教や国境を超えた人間愛を描く感動のヒューマンドラマ。監督はカビール・カーン。主演のサルマン・カーンはプロデューサーもつとめ、自身の最高作品と話している。主人公の少女を演じたハルシャーリー・マルホートラちゃんが素晴らしく、口がきけない難役を愛らしく演じて本作最大の魅力に。二人の危険な旅を助ける記者役のナワーズッディーン・シッディーキーもいい。
▼詳細データとおすすめポイント ▼公式サイト


cinema information

●『あなた、その川を渡らないで』トークショー開催(8/3)
ジャズシンガーの綾戸智恵を招き、「永遠の愛はあるのか」をテーマにトークショーを開催。結婚・離婚を経験した綾戸智恵が、結婚とは、夫婦とはについて、自身の波乱万丈な人生を交えながら、現代では奇跡ともいえるこの幸せな純愛物語について熱く語る。
・日時:8月3日(水)16:45の回上映後(16:45-18:11 本編上映)
・会場:シネスイッチ銀座 東京都中央区 銀座4−4−5 旗ビル
   (地下鉄銀座駅A10番から徒歩1分、JR有楽町駅銀座口から徒歩10分)
・登壇:ジャズシンガー 綾戸智恵様(58)
●『ソング・オブ・ラホール』イベント開催(8/3)
サッチャル・ジャズ・アンサンブルの秘蔵映像を見ながら、彼らやパキスタン音楽の魅力を語り尽くす公開前イベントを開催。音楽評論家のサラーム海上、パキスタン文化研究者の村山和之が、彗星のごとく現れた超絶演奏のおっさん軍団サッチャル・ジャズ・アンサンブルの魅力を紐解く。シタール奏者のヨシダダイキチによる「テイク・ファイヴ」のデモ演奏も予定。
・日時:8月3日(水) OPEN 18:30 / START 19:30
・会場:LOFT9 Shibuya(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS1F)
・出演:サラーム海上(音楽評論家・DJ・中東料理研究家)、村山和之(パキスタン文化研究)、ヨシダダイキチ(シタール奏者)
・チケット:前売¥2500 / 当日¥2800(飲食代別)
      ※にしき食品のカレー1パック(マトンパンジャビー)のお土産付
・発売:ローソンチケットで7/2(土)より発売中(Lコード:32936)
●『ヒマラヤ』公開記念トークショーを開催(8/6)
八ヶ岳で滑落し九死に一生を得ながらも、本年5月23日に日本最年少でエベレストに登頂したばかりの南谷真鈴と、以前は登山も志し、幾度も危険に会いながらも未踏の洞窟に挑戦し続ける吉田勝次が登壇。映画『ヒマラヤ』について、エベレストや洞窟の魅力また、極限な場所に危険に向き合いながらも挑戦し続ける想いや素晴らしさなど、普通では聞けない臨場感溢れるトークショーを開催!
・日時:8月6日(土)12:35の回上映後 14:40〜トークショー予定
・場所:ヒューマントラストシネマ有楽町(千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア イトシアプラザ4F)
・登壇者:南谷真鈴(19)、吉田勝次(49)
更新日:2019.5.20
back numbers
2004200520062007
2008200920102011
2012201320142015
2016201720182019
back to cinema top

comming soon movie

アジア関連映画(公開予定順)
----------
神と共に 第一章:罪と罰
(韓国)
台北セブンラブ(台湾)
----------
パドマーワト 女神の誕生
(インド)
ザ・クロッシング Part I
(中国)
クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅(仏・ベルギー・インド)
----------
SANJU/サンジュ(インド)
ザ・クロッシング Part II
(中国)
----------
神と共に 第二章:因と縁
(韓国)
無双の鉄拳(韓国)
----------
安市城 グレート・バトル
(韓国)
----------
工作 黒金星と呼ばれた男
(韓国)

韓国テレビドラマコレクション 韓国テレビドラマコレクション2019
放送中の最新作から名作までを網羅。

(2268円/ キネマ旬報社)

インド映画完全ガイド インド映画完全ガイド
注目のインド映画話題作から最新作・俳優たちを紹介!

(2160円/世界文化社)

華流テレビドラマコレクション2017-2018 華流テレビドラマコレクション2017-2018
華流ドラマの歴史から新作まで!

(1728円/ キネマ旬報社)

●映画祭&特集上映
台湾巨匠傑作選2019〜恋する台湾〜
(4/20-5/10)

アジア映画に詳しい雑誌

中華電影データブック完全保存版 中華電影データブック完全保存版
俳優スタッフから作品まで網羅!待望の本!

(3780円/キネマ旬報社)

中国時代劇で学ぶ中国の歴史 中国時代劇で学ぶ中国の歴史
この1冊で、今日からあなたも中国歴史ツウ!

(1728円/ キネマ旬報社)

cinema journal シネマジャーナル93号
読者とスタッフが選ぶベストテン
(800円/テス企画)

●映画祭公式サイト
・ゆうばり国際
 ファンタスティック映画祭

 (2018.3/15-19)
・大阪アジアン映画祭
 (2019.3/8-17)
・沖縄国際映画祭
 (2018.4/19-22)
・香港国際映画祭
 (2018.3/19-4/5)
・ショートショート・フィルムフェスティバル&アジア2018
 (2018.9/13-17)
・福岡アジア映画祭
 (2018.7/6-8)
・関西クィア映画祭
 (2018.9/22-24・10/19-21)
・レインボー・リール東京
 〜東京国際レズビアン&
 ゲイ映画祭〜

 (2018.7/7-16)
・SKIPシティ国際Dシネマ映画祭
 (2018.7/13-22)
・アジアフォーカス
 福岡国際映画祭

 (2018.9/14-23)
・したまちコメディ映画祭
 (2017.9/15-18)
・釜山国際映画祭
 (2018.10/4-13)
・山形国際ドキュメンタリー
 映画祭

 (2019.10/10-17)
・ドキュメンタリードリーム
 ショー山形 in 東京2018

 (2018.10/6-26)
・京都国際映画祭
 (2018.10/11-14)
・東京中国映画週間2018
 (2018.10/19-26)
・東京国際映画祭
 (2018.10/25-11/3)
・京都ヒストリカ国際映画祭
 (2018.10/27-11/4)
・東京フィルメックス
 (2018.11/17-25)
・中国インディペンデント映画祭
 (2015.12/12-27)

●アジア情報ウェブマガジン
・アジア映画巡礼
・銀幕閑話
・アジアンパラダイス
・WEB POPASIA

●アジアの映画が観られる映画館
・シネマート新宿・心斎橋
・新宿武蔵野館
・キネカ大森
・ヒューマントラストシネマ渋谷
・ヒューマントラストシネマ有楽町
・渋谷ユーロスペース
・シアターイメージフォーラム
・恵比寿ガーデンシネマ
・新宿ピカデリー
・アップリンク渋谷
・ポレポレ東中野

●アジアの映画が豊富なお店
・TSUTAYA
 (新宿・中野店がおすすめ)

yesasia

新作・未公開作DVD&VCD!